4月12日に熱田球場で行われた第2試合、豊田工−桜丘の観戦記です。
豊田工は秋に見ていましたが、牧野投手を擁しながら2次で敗退し県大会に進めず。その好左腕牧野投手がどういうピッチングを見せてくれるかに注目して観戦しました。

豊田工
200001000|3
001010000|2
桜丘

豊田工
牧野−神谷
桜丘
樅山−松山

牧野投手は正直最初は球威が物足りない印象を持ったのですが、3回のピンチで明らかにギアを上げて連続三振に。少し抑えながら投げていたということでしょうね。手元で切れのあるボールを投げていました。
樅山投手は右のサイドハンド。まっすぐはぼちぼち。コースをついて打たせて取るピッチャー。

スタメン
豊田工
7橋本 9藤井 1牧野 5杉浦 3築山 2神谷 6矢田目 8榎本(17) 4市川
桜丘
8山崎 4大村 6福田 2松山 7森田 5川口 1樅山 9神谷(15) 3中村

(試合経過)
1回表、2死1塁から4番杉浦がタイムリー2ベース。5番築山もタイムリー2ベース。豊田工が2点先制。
3回裏、1死1、2塁から3番福田がタイムリー。尚1死2,3塁となりましたが、ここで牧野が4番5番を連続三振。2−1
5回裏、1死1、2塁から3番福田のタイムリー。同点。
ここで球場を後にしました。
試合は豊田工が競り勝ちました。
桜丘は3番福田選手が見ていた間に3打数3安打2打点。素晴らしい選手ですね。1番山崎、2番大村選手も2本ずつヒットでいい形を作っていました。

豊田工は牧野投手が打でも2打数2安打1四球。雰囲気のある選手ですね。4番の杉浦選手もでかい身体ですけど動ける選手ですね。
牧野投手が中心ですけど、力のある選手が多くいる印象ですし、上位も狙えるチーム。
次の誉高校の内田投手との好左腕同士の投げ合いは楽しみです。