春季愛知県大会
春季愛知県大会の組み合わせが決まりました。

簡単な展望など

Aゾーン上
シード校は豊田西。
豊田西が中心になりそうですね。星城がもし3回戦まで進んで豊田西とぶつかることになると色々注目になります。
豊橋中央のキャッチャーの谷川原選手が話題になっています。チャンスがあれば見てみたい。

Aゾーン下
シード校は中京大中京と愛知啓成。
中京大中京は初戦が愛知−春日丘の勝者と息の抜けない戦いが続きそうです。どこがシード権を取るか注目。

Bゾーン上
シード校は豊橋工。
ここは至学館がいます。今年の至学館は昨年までのチームほどの安定した強さがないので、豊橋工との試合はどうなるか注目ですね。緑丘商も力がありますし、至学館との1回戦は面白そうです。
シードを賭けては公立4校がどこが上がってくるか。西春、天白はいいチームですから、どこが上がってきてもいい試合になりそうです。

Bゾーン下
シード校は栄徳と大府。
地区予選で思わぬ苦戦をして県大会出場へ苦労をした愛産大三河。栄徳との試合になれば屈指の好カードですね。
栄徳、大府、愛産大三河のシード権争いか。

Cゾーン上
シード校は愛工大名電
激戦ゾーンに。愛工大名電に豊川、東邦と入りました。いずれかは夏にノーシード爆弾に。半田もなかなかの好チームですので、豊川に食らいついてほしいですね。

Cゾーン下
シード校は西尾東と渥美農
公立ばかりが6校。どこがシードを取るか楽しみ。高蔵寺、知立も力があるチーム。

Dゾーン上
シード校は誉
ここも激戦ゾーン。豊田工の牧野投手がどこまで通用するか楽しみ。復活の兆しを感じた享栄に期待。

Dゾーン下
シード校は愛産大工と東浦
知多地区でシードを取った東浦がどういうチームか見てみたい。刈谷、岡崎城西は好投手がいたので、この春はどうか楽しみです。

結構ゾーンによってばらつきはありますが、面白そうな組み合わせが多いですね。大会が楽しみです。