3月29日に東邦Gで行われた春日井−瑞陵の観戦記です。
2次トーナメントで負けたら終わりの試合。緊迫感のある好ゲームとなりました。

春日井
100000000|1 H4 E1
010000001|2 H9 E1
瑞陵

春日井
松浦−長田
瑞陵
玉置−坂神

投手成績
春日井
松浦健(1) 8回1/3 145球 被安打9 四死球5 三振5 失点2
瑞陵
玉置(10) 9回 125球 被安打4 四死球2 三振7 失点1

松浦健投手は右のオーバーハンド。まっすぐはまぁまぁ。なかなかいいボールを投げていました。
玉置投手は右の変則サイドハンド。そんなに速くない。丁寧に投げてゴロを打たせる投球が出来ていました。

スタメン
春日井
9稲垣 7柴田 5三輪 2長田 3松浦宏 4尾崎 8垣立 6吉田 1松浦健
瑞陵
6坂井 4梶野 8関山 3中島 5古田 2坂神 9安藤(1) 1玉置(10) 7北道

(試合経過)
1回表、1死3塁から3番三輪が犠牲フライ。春日井が先制。
2回裏、2死満塁から9番北道がタイムリー。同点。
4回表、エラーと四球で無死1,2塁。ここでバント空振りで2塁ランナーが出たところを坂神がナイス送球でアウトに。その後ショートライナーゲッツー。
9回裏、先頭の坂井が3ベース。ここで春日井は敬遠で満塁策を選択。無死満塁から4番中島がサヨナラ犠牲フライ。瑞陵が勝ちました。
春日井は毎回ピンチもありましたが、良く踏ん張って接戦に持ち込みました。力的には瑞陵のが上かな、と思ったのですが。
松浦健投手はなかなかいいボールを投げていました。最後は4番で勝負ではなく、無死3塁で2番と勝負してから、満塁策とかにしてほしかったなぁ。ま、難しいところですけど。

瑞陵は3塁のランナーコーチャーの的確な判断が光りました。止めるべきところできちんと判断していました。地味ですけど大事なことですからね。走塁一つで夏とかは流れが変わるし。

ピッチャーの玉置投手はどこまで引っ張るかな、と思いながら見始めましたが、いいピッチングで投げ切りました。こういう経験は大きいですね。

県大会はあと一歩で逃しましたが、秋に市内県立を制したように力はあるチーム。夏に向けてさらに成長出来るように頑張ってほしいですね。