3月23日に津島球場で行われた津島東−津島の観戦記です。
2次Tに進出は決まっている両校のブロック1位決定戦。実力校同士ですから好ゲームを期待して観戦しましたが、寒さもあってかなかなか勝負が決まらない試合になりました。

津島東
320033162|20 H19 E2
030000450|12 H14 E5
津島

津島東
岡浦、佐藤達、服部−東
津島
杉澤、伊藤、大島、山崎、清水−笠木

投手成績
津島東
岡浦(1) 4回 77球 被安打4 四死球4 三振3 失点3
佐藤達(11) 3回 55球 被安打4 四球3 三振2 失点4
服部(18) 2回 50球 被安打6 四球0 三振2 失点5
津島
杉澤(20) 2/3 28球 被安打4 四球2 三振0 失点3
伊藤(1) 5回 95球 被安打8 四球1 三振3 失点8
大島(19) 1回2/3 41球 被安打3 四死球4 三振0 失点6
山崎(11) 2/3 11球 被安打2 四球0 三振0 失点1
清水(10) 1回 17球 被安打2 四球1 三振0 失点2

岡浦投手は右のスリークォーター。まっすぐはぼちぼち。最初はコントロールに苦しみましたが、小さいスライダーも使うようになって徐々に安定しました。
佐藤達投手は右のオーバーハンド。元々は昨夏はエースナンバー。まっすぐはなかなか。やや荒れ気味ですがボールに力はあります。
服部投手は右のオーバーハンド。故障上がりかな?なんとなくこわごわ投げているように感じました。まっすぐはまぁまぁ。
杉澤投手は右のオーバーハンド。まっすぐはぼちぼち。フォームは大きな感じ。
伊藤投手は右のオーバーハンド。まっすぐはまぁまぁ。

スタメン
津島東
9福田(8) 8藤田(19) 3佐藤達(11) 4吉田 7佐藤ジュン(9) 2東(10) 1岡浦 5安藤 6古川
津島
8田中 4渡辺(14) 3高橋 9乙須 2笠木 7佐藤 6下方 5山本(15) 1杉澤(20)

(試合経過)
1回表、2死1、2塁から5番佐藤ジュンがライトオーバー2点タイムリー2ベース。6番東がタイムリーポテン2ベース。2死満塁でピッチャー交替、伊藤。3−0
2回表、2死2塁から4番吉田、佐藤ジュンの連続タイムリー長打で2点。5ー0
2回裏、1死1塁から8番山本がタイムリー3ベース。9番伊藤がレフトへ2ランホームラン。5−3
5回表、1死2塁から代打船本がタイムリー2ベース。2死2、3塁から1番福田が2点タイムリー。8−3
6回表、無死1、3塁からスクイズ成功。1死2、3塁からスクイズ成功。2死3塁から9番古川がタイムリー内野安打。ここでピッチャー交替、大島。
7回表、2死2塁からサードゴロエラーで1点。12−3
7回裏、2死2、3塁から5番笠木、6番佐藤が連続タイムリー。7番下方もタイムリー。コールド回避。さらにワイルドピッチ。12−7
8回表、1死満塁から押し出し四球。4番吉田が2点タイムリー。ここでピッチャー交替、山崎。2死満塁から7番田中が走者一掃のタイムリー2ベース。18−7
8回裏、1死1、3塁から3番高橋がタイムリー。更に1死満塁から5番笠木が走者一掃タイムリー3ベース。1死3塁から犠牲フライ。18−12
9回表、1死2塁から2番藤田がタイムリー3ベース。3番服部がタイムリー。20−12
試合は津島東が勝ちました。
試合は終始津島東ペース。打線は振れていたし、バントは犠打10個を含めて失敗は1個だけ。6回は先頭のヒットの後、バント4つで相手のミスもあってスクイズが2つ決まる。監督として一番気持ちいい采配だったでしょう。

それが7回裏の守りから一変。コールドで終われる点差からピッチャーが投げ急いでしまった印象。もっと簡単に、と思うんですけど、案外試合を終わらせるって難しいものなんでしょうね。

投手陣は力のある投手が揃っています。打線も良く振れています。力のあるチームだと思いますので、後はどうかみ合うか。県大会を目指して頑張ってほしい。

津島はミスが目立ちました。7回以降の粘りは確かに良かったですけど、追いつくような点差ではなかったですし。
5人の投手が投げましたが、軸になる投手がいないかな。伊藤投手が一番力はあるでしょうけど・・・。伊藤投手はホームランは素晴らしかったです。
試合前のノックもあんまり上手くなかったし、守備のグダグダっぷりは心配ですね。