ベイマックス「ベイマックス」を見てきました。

(あらすじ)
西洋と東洋の文化がマッチし、最先端技術分野の先駆者たちが数多く住んでいるサンフランソウキョウ。そこに暮らしている14歳の天才児ヒロは、たった一人の肉親であった兄のタダシを亡くしてしまう。深い悲しみに沈む彼だったが、その前にタダシが開発した風船のように膨らむ柔らかくて白い体のロボット、ベイマックスが現れる。苦しんでいる人々を回復させるためのケアロボット・ベイマックスの優しさに触れて生気がよみがえってきたヒロは、タダシの死に不審なものを感じて真相を追い求めようと動き出す。

さすがディズニー。見事なハッピーエンドでした^^

日本っぽい町が舞台で、身近な雰囲気を感じられる映画。途中からアメコミヒーロー物っぽくなったけど、それもまた面白かった。
続きも出来そうな終わり方。あたらしいコンテンツになりそうですね。

☆は4.5で。