“ミスタープロレス”こと天龍源一郎(65)が現役引退を決意したことが7日、明らかになった。9日に都内で会見し、正式表明する。病気が理由でないといい、年内にラストマッチを行うという。
全日本プロレス入りしてレスラーデビューした76年11月以来39年、大相撲時代の64年1月場所の初土俵を加えると、51年の格闘技生活にピリオドを打つ。(デイリーより)

天龍選手。もう65歳ですか。さすがに怪我などがあって近年は動けなくなっていましたからね。年齢を考えれば仕方のないことなのですが。

基本的にこれぐらいの年になると、お笑いや身体に優しいプロレスへ行く人が多い中、激しいプロレスを貫いた姿勢はすごいと思います。一度も引退など言わずにここまで駆け抜けてきたあたりもすごいと思う。

こういう方なので、引退したら復帰はしなさそうですよね。どっかの誰かと違って。

悔いのない最後を迎えられるように残りのレスラー人生、頑張ってほしいです。