日本サッカー協会は3日、日本代表のハビエル・アギーレ監督との契約解除を発表した。
今後は後任人事とともに、アギーレ監督を招聘した協会の任命責任も問われることになるが、都内で記者会見を行った大仁邦彌会長は「私を含む役員や関わった責任者に対する処分を検討し、今後理事会に諮りたい」として、今月の理事会に諮る考えを明らかにした。(ゲキサカより)

アギーレさん。4試合連続スタメン固定はどうかと思いましたが、試合中の修正能力は高かった。そのあたりはさすがの一面を見せていました。
理由がかつての八百長問題ですので、能力関係ないのかもしれませんが、アジアカップで早くに破れたのも解任しやすくなった状況の一つかな、と思ってしまいます。

次をどうするか。そこが気になります。あと、任命責任も負ってほしいですよね。いくらでも調べられた状況な気がするし。