星稜4−2前橋育英

第93回全国高校サッカー選手権は12日、埼玉スタジアム2002で決勝戦を行い、星稜高(石川)が前橋育英高(群馬)を延長戦の末に4-2で下して、初優勝を決めた。
逆転につぐ逆転。目を離すことの出来ない好ゲームだった。前半11分にMF前川優太(3年)がPKを沈めて星稜が先制するが、前橋育英も後半に入って8分にFW野口竜彦(2年)、同10分にはエース渡邊凌磨が大会初ゴールを決めて逆転に成功する。ただ星稜はあきらめない。同19分にDF原田亘(3年)の得点で再び試合を振り出しに戻すと、延長に入って前半5分にFW森山泰希(3年)のゴールで勝ち越しに成功。終了間際にも森山がダメ押し点を突き刺した。(ゲキサカより)

去年悔しい準優勝だった星稜が、今年は延長戦で2点を上げて優勝。監督不在、去年の悔しさ、色々なドラマがあっての優勝は見事でしたね。

星稜高校としても野球であと一歩で負けたり、なかなか頂点に立つ姿って無かったので、今回の優勝はうれしいでしょう。

おめでとうございます。