前頭栃乃若(26=春日野)が16日、引退会見を行った。日本相撲協会には15日に引退届を提出していた。
 はかま姿で登場した栃乃若は「ギリギリまで悩みましたが、応援してくれる皆様の期待に応えられなかった。この歳でふがいない相撲を見せた自分に対して、これからも頑張ろうという気力を保つことができなくなった。突発的に見えるかもしれませんが、今までのふがいなさは、すでに限界を超えていました」と理由を説明した。約2年前から引退を考え始め、両親にも相談したという。後悔はないかと問われると、少しだけ間を置いて「はい」と力強く返した。(日刊スポーツより)

ふがいない相撲が多く、心配していましたが・・・。初めて上位で見た時にこれは楽しみな力士が出てきたと思ったんですけどね。恵まれた体。まだ若かったですし。ただ、そこから上位に跳ね返されてからは下位にすら勝てなくなって行きました。貴ノ浪のように懐の深さを活かした相撲をもっと取ってほしかったんですけどね。

性格が優しすぎたとからしいですけど、まだまだ若いですし、前頭筆頭まで行った力士。こういう力士にプロレス界へ来てほしいけどなぁ。新日とかスカウトしてほしいな。IGFに相撲上がりがたくさんいるけど、是非純プロレスをやってほしいです。

これからの人生をしっかりと頑張ってほしいですね。