11月23日に豊田球場で行われた1年生大会3位決定戦、東邦−大府の観戦記です。
大府の1年生チームは見たことが無かったので、東邦とどんな試合をするか注目して観戦しました。

東邦
000000108|9 H11 E1
000510000|6 H9 E0
大府

東邦
千手、近久、松山、藤嶋−上原
大府
浅野、大西、野村−溝口

投手成績
東邦
千手(10) 3回1/3 59球 被安打1 四球5 三振2 失点5
近久(11) 2回2/3 35球 被安打5 四球0 三振2 失点1
松山(1) 1回 10球 被安打1 四球0 三振2 失点0
藤嶋(9) 2回 23球 被安打2 四球0 三振2 失点0
大府
浅野(1) 8回2/3 112球 被安打10 四死球5 三振3 失点8
大西 0/3 3球 被安打1 四球0 三振0 失点1
野村 4球 被安打0 四球0 三振0 失点0

千手投手は4回に突然ストライクが入らなくなりました。そこまでは良かったんですけどね。なかなか試合中の修正って難しいんでしょうね。
近久投手はボールはそこそこ速いまっすぐを投げていましたが、かなり飛ばされていました。
松山投手は左のオーバーハンド。春に見て以来でしたが、かなり球威が上がっていました。まっすぐはまぁまぁ速い。少し体の開きが早いかな?
浅野投手は右のオーバーハンド。まっすぐはそこそこ。オーソドックスなフォーム。ボールを前で離せるタイプで、相手を詰まらせていました。カーブも良く、投手らしい投手。冬練でしっかり鍛えて球威が上がればいい投手になりそう。

東邦
5和田 4浜嶋 8小西 9藤嶋 7松本 3中西 6鈴木理 2上原(12) 1千手(10)
大府
4杉谷 9川崎(14) 5梶本 3久保(13) 7森 8舟橋 6手島 2溝口(12) 1浅野

(試合経過)
4回裏、1死満塁からパスボールで3塁ランナーホームイン。1死満塁から押し出し四球。この回のランナーすべて四球。ここでピッチャー交替、近久。9番浅野の犠牲フライ。1番杉谷の2点タイムリー3ベース。5−0
5回裏、2死1、2塁から7番手島がタイムリー。6−0
7回表、1死3塁から8番上原の犠牲フライ。6−1
9回表、先頭の藤嶋がレフトへホームラン。更に2死2、3塁から9番鈴木光、1番和田が連続タイムリー。さらに四球で2死満塁となり3番小西が走者一掃のタイムリー2ベースで逆転。ここでピッチャー交替、大西。藤嶋が2打席連続の2ランホームラン。ここでピッチャー交替、野村。9−6
東邦が逆転で勝ち3位に。
東邦は9回の逆転は見事でした。ただそこまでにいい当たりが少なかった。大府の浅野投手が良かったのはありますが、物足りなく感じます。
投手では松山投手がさすがエースナンバーの力を見せた投球。藤嶋投手よりもまっすぐは速かった。来年春以降のエース競争が楽しみです。
逆に藤嶋投手が思ったよりも球速が出ていなかった。たまたまなのか、不調なのか。打つ方は反撃のきっかけになるホームランにとどめの2ラン。恐ろしい集中力を見せてくれました。
ただ、ヒーローは小西選手ですね。逆転となる走者一掃の2ベース。素晴らしい集中力でした。

走塁の甘さとか気になりました。状況判断などしっかりとしたプレーを心掛けてほしいですね。

大府は最近、力強さを感じないケースが多かったのですが、この試合は大分力強さが戻った印象です。
1番杉谷選手が目立ちました。3安打の活躍。小さいのですがパンチ力もあり、いい選手です。4番の久保選手も4番らしい打球を放っていました。
かなり盗塁を許したのが反省点。バッテリーでしっかりと盗塁を防ぐ練習を積んでほしいです。

攻守交替の際にタイムを図っていました。スピードを意識するのはいいですね。

大府の復活は楽しみですよね。知多地区の活性化にもなるし。春が楽しみです。