10月12日に天白高校Gで行われた第1試合、名古屋南−天白の観戦記です。
市内県立大会の準決勝。どちらも新チームは初見。どういうチームか楽しみにして館s年しました。

名古屋南
000100000|1 H5 E3
20000201X|5 H8 E0
天白

投手成績
名古屋南
成瀬(7) 8回 151球 被安打8 四死球9 三振3 失点1
天白
大原(1) 9回 106球 被安打5 四球1 三振3 失点5

成瀬投手は右のオーバーハンド。まっすぐはなかなか。インコースを攻めての死球が多かったですけど、しっかりと投げようとする姿勢は良かったです。切れのいいカーブを投げます。
大原投手は右のオーバーハンド。1年生と聞いてびっくり。まっすぐはなかなか。上背もあってコントロールもいい。完成度の高い投手。一冬越してさらに球威が上がれば来年にはもっと騒がれる投手になっているかも。

スタメン
名古屋南
8鬼頭 6広瀬 1成瀬(7) 2犬飼 5近藤 9鈴木(10) 4酒井 3伊藤 7坂野(9)
天白
8上田 4村木 3早坂 5持田 9青木 6加藤 7山部 2内山 1大原

(試合経過)
1回裏、無死満塁から4番の持田に押し出し死球。さらに無死満塁で併殺打の間に1点。2−0
4回表、先頭の4番犬飼がレフトへホームラン。2−1
6回裏、2死満塁から2番村木、3番早坂が連続タイムリー。4−1
8回裏、1死3塁からショートゴロがタイムリーエラーに。5−1
天白が勝ちました。
名古屋南の成瀬投手はいい投手でした。背番号は7番でしたが、実質エースなんじゃないのかな?
なによりまっすぐに切れがあってカーブもいい。インコースを攻めて当ててしまう場面が多かったですが、ここのコントロールが身に付けばなかなか打てない投手になりそう。
4番の犬飼選手の打撃は見事。ただ、盗塁された時に投げられない場面が多かったので、ここは課題ですね。

天白も大原投手はほんとうに楽しみなピッチャー。来年もう一度見たい。打線は2番の村木選手が4打数4安打1四球と全打席出塁。素晴らしい活躍でした。
守備もノーエラー。レベルの高いチームでした。この日見た4チームではちょっと抜けているかな、と感じましたが、決勝戦をどういう試合をするか、注目です。