9月14日に豊田球場で行われた県大会の3回戦、名経大高蔵−愛知啓成の観戦記です。
名経大高蔵は学校自体初めて見るチーム。どんな野球をやるか、どこまで愛知啓成に食らいつくかに注目して観戦しました。

名経大高蔵
010100100|3 H7 E2
20100010X|4 H8 E1
愛知啓成

名経大高蔵
谷口−竹内
愛知啓成
三田村−伊東

投手成績
名経大高蔵
谷口(10) 8回 106球 被安打8 四球2 三振1 失点4
愛知啓成
三田村(1) 9回 111球 被安打7 四球0 三振7 失点3

谷口投手は右のオーバーハンド。まっすぐはまぁまぁ。投げっぷりのいいピッチャー。緩急も使えます。なかなかいい投手。
三田村投手は右のオーバーハンド。腕の振りが柔らかい。1年生。まっすぐはなかなか。色々組み立てを変えながら投げていた印象。この先が楽しみです。 

名経大高蔵
7田中 9稲垣 4大西 3廣瀬(13) 8尊田 6高田 5成田 2竹内 1谷口(10)
愛知啓成
8鈴木駿(10) 5近藤(4) 7仲二見(8) 3冨川 9里美 2伊東 6矢代(5) 1三田村 4高橋(14)

(試合経過)
1回裏、2死1、2塁から5番里美のタイムリー。ライトから3塁への送球がエラーとなり、1塁ランナーもホームイン。啓成が2点先制。
2回表、1死2塁から6番高田がレフトフェンス直撃のタイムリー2ベース。2−1
3回裏、1死2塁から3番仲二見がタイムリー。3−1
4回表、1死3塁から6番高田がタイムリー。3−2
7回表、1死2塁から8番竹内がタイムリー。同点。
7回裏、2死満塁から3番仲二見がタイムリー。啓成が勝ち越し。4−3
啓成が逃げ切りました。
名経大高蔵の監督は元プロ野球の酒井監督。詳しくはこちら
どんな野球をやるかな、と思いましたが、すごく理にかなったというか、納得がいく野球をするな、という印象。
たとえば4回表の攻撃。1死3塁から6番高田選手に打たせました。この時点で2点ビハインド。スクイズという選択肢もあったのですが、ここはリスクはあってもヒットを期待するのが正解。そしてその後2死1塁から盗塁。作戦に納得がいくというのは大事ですよね。
ポジショニングも良かったですし、試合前のノックも上手かった。いい指導をされているんだろうなぁという印象です。

試合としては7回の守備。2死1,2塁からピッチャーとキャッチャーの間のフライ。ここでお互いに譲り合ってヒットになり、次のバッターにタイムリーを浴びて決勝点に。初回のエラーでの余分な点と合わせてもったいない試合となりました。
当然、監督からの厳しい声。「あそこで自分で取りに行かないで、勝ちがつかみ取れるか!!」
おっしゃる通り。本来はキャッチャーのミス。でもそういう気持ちの強さが高校野球で勝つには必要ですよね。

これからも名経大高蔵は注目したいと思います。

ショートの高田選手が3安打2打点の活躍。守備も良く楽しみな選手です。

愛知啓成は夏までのチームに比べると小粒。作戦は以前のチームに戻ったような、とにかくバントなどで2塁に送って一本を期待する。そういうスタイルです。でも逆にそこに徹する分、怖さを感じる気もしました。徹底する強さを感じます。
競り合いに強い、守備の固い、かつての啓成のスタイルを貫くチームになりそうです。
三田村投手は球威がそれほどあるわけではないのですが、コントロールが良く、試合が作れるタイプ。今のチームにはマッチしてると思います。これから楽しみです。

原点回帰。これが今年の啓成かな。この後の戦いも楽しみです。