インザヒーロー
「イン・ザ・ヒーロー」を見てきました。

あらすじ
下落合ヒーローアクションクラブの社長にして、その道25年のスーツアクターである本城渉(唐沢寿明)。数年ぶりにヒーロー番組の劇場版作品に出演した彼は、一ノ瀬リョウ(福士蒼汰)という人気若手俳優と出会う。ヒーロー番組に敬意を払わないリョウと対立するも、ある出来事を契機に本城は彼と絆を育むように。そんな中、日本で撮影中のハリウッド大作で、落下して炎にまみれながらノーカットで殺陣を繰り出すクライマックスに出演する予定だった俳優が、恐れをなして降板。慌てたスタッフは、本城の評判を聞き付けて出演をオファーする。

特撮の好きな自分には面白い映画でした。ちょっとクライマックスへの脚本が無理があったけど、アクションへのこだわり、殺陣へのこだわり。特撮へのこだわり。色々なものが見えて良かったです。
唐沢さんもすごくこだわりをもって頑張っていたのが伝わってきました。惜しむらくは伝説のレッドと言うには唐沢さんの背が低いのと、年齢が高いと思ったんですよね。それでも良かったですけどね。

伝説のレッド=福沢さん、伝説のピンク=蜂須賀さん。

やっぱりこの2人だと思うので、そこは脳内変換しながら見ました。

福士君も頑張っていましたね。さすが仮面ライダーフォーゼ。いい役者になっていってほしいです。

☆は4つで。でもいい映画ですし、たくさんの人に見てほしいですね。