東邦4−2栄徳

東邦高校が6年ぶり16回目の出場を決めました。

試合は藤嶋投手に尽きますね。1年生でMAX144k。決勝戦で完投。すごすぎます。
甲子園ではスーパー1年生として騒がれるでしょうね。あんまりスーパー1年生って言って騒がれて、その後伸びた投手ってイメージ湧かないので、静かに本番を迎えてほしいですけど・・・。難しいでしょうね。
東邦の1年生投手の活躍で甲子園、というと、バンビ坂本、水谷完投手が思い出されます。いずれも投手としてはその後伸び悩んだだけに藤嶋投手がどうなるか、注目です。

打の方は溝口選手がすごかったですね。全打点をたたき出す活躍。2年生ですし、これからも期待です。

栄徳は素晴らしい戦いをしました。大内投手、大塚投手は力を発揮したし、1番の鈴木選手は1年生で大活躍。栄徳も一つ壁を破ったので、後は甲子園出場だけ。次の世代に期待ですね。お疲れ様でした。

東邦は6年ぶりの甲子園。前回は3回戦進出でした。あの時は打に特化したチームでしたが、今年はバランスはいいと思うので、頑張ってきてほしいですね。