愛知夏大2014Hゾーン
シード校は大府。
大府も今のチームは見れていない学校の1つ。ここ数年は低迷している印象でしたが、少しずつ盛り返してきた印象です。古池投手は昨年のチームに見ているのですが、投球が上手い印象。どこまで成長しているか楽しみです。
初戦の組み合わせは恵まれた印象ですが、阿久比、丹羽あたりがどこまで詰め寄れるか。丹羽は昨年のベスト8ですが、選手が大きく抜けてるので今年はあまり強くない印象ですが、どこまで本番に力を付けているか。

その隣のゾーンには豊橋南が入りました。エース白川の速球でどこまで勝ちあがれるか。打線がどこまで助けられるかが鍵ですね。
ただ初戦の一宮興道は春に県大会に出場したチーム。油断は出来ない相手ですね。
津島、名古屋も力のある学校ですので、混戦になりそうです。豊橋南の勝ちあがりに期待しています。

反対ゾーンの左側は緑丘商に注目。春に愛知を破って県大会への出場を決めたチーム。バッテリーを中心に素質の高そうな選手が多くいる印象。秋に見た時に驚いたものです。初戦の碧南も力がありそうですが、突破出来ればいいところまで行きそうです。
知立も秋に勝ち進み、1年生大会でベスト4に入るなど力のある世代。ここと緑商の対戦になったら面白そうなのですが、その前に向陽がいます。ここは打線が強く、勢いにのったら怖いチームです。

右側のゾーンには名古屋国際、安城学園が中心。ただ、安城学園は初戦の瀬戸がやっかいな相手。名古屋地区の公立ではいつも強いチームですので、初戦としては厳しい相手になりました。名古屋国際は今のチームは見れていないのですが、昨年からのエース格、寺澤がいるはずなので、勝ちあがる力はあると思います。

ここも混戦でどこが5回戦に上がってくるか予想が難しいのですが・・・。豊橋南−緑商なんていうちょっと穴っぽい予想をします。
豊橋南のベスト8に期待します。