愛知夏大2014Dゾーン
シード校は愛知黎明。

愛知黎明は昨年の夏の準優勝校。大黒柱の大久保が抜けてどうなるかな、と思いましたが、春にしっかりとシードを確保。名前変更後のいい流れを持続させています。
エース栗林は昨年の大久保ほどの力はないですけど、ある程度は投げられるピッチャー。それ以上に徹底したファーストストライクを狙う打撃を中心に、質の高い攻撃野球ができるチームが脅威ですね。
その初戦にあたりそうなのが小牧南。トルネード左腕の鈴木のピッチング次第では番狂わせもあるかも。なんといっても去年の秋にベスト4へ進出した誉を予選で圧倒したポテンシャルを持つチーム。面白いカードになりそうです。

その隣にはスラッガー黒野がいる吉良が入りました。見たことはないのですが、すでに高校通算50発を超えてきているとのこと。勢いにのって勝ちあがりそうです。
半田−松蔭も個人的には注目。半田のピッチャーが力がありますからね。松蔭は打線がどこまで打てるか。大同大大同−名経大市邨も面白そうなカードです。

反対のゾーンの左側に菊華、愛工大名電が入りました。どちらも私学の強豪校。順当にいけば3回戦でぶつかるカードは面白い戦いになりそうです。
名電は3年連続を目指していますが、ここ2年と違って絶対的エースがいない。2年生のサウスポーがいいらしいので彼次第ではわからないですが・・・。ただ初戦の岡崎商も弱いチームではないので、初戦の戦いがかぎになりそう。
その隣には栄徳が入りました。栄徳は尾東大会決勝で高蔵寺相手にノーヒットノーランをやった大内を中心に大塚と2枚そろっています。
この2人をうまく使っていければ、名電相手でも十分戦えると思っています。楽しみですね。

このゾーンは吉良−栄徳の5回戦を期待。予想は栄徳とします。