愛知夏大2014Bゾーン
シード校は豊田西

今年はシード校でも見れていない学校も多く、豊田西もそのひとつ。スコアなどから想像するしかないのですが、少ない得点をピッチャーを中心に守りで競り勝つ印象です。夏はいかに勢いにのるかでしょうけど、そういう意味では初戦のくじ運には恵まれた印象です。

その隣のゾーンでは好チームが並びました。東郷−清林館、岡崎工−天白は1回戦の好カードですね。
東郷−清林館は個人的には1回戦で一番の好カードだと思っています。どちらも好投手がいて、投手戦が期待されます。清林館の地力がやや上のような気もしますが・・・。好ゲームを期待。知立東もなかなかレベルが高いチームなので、どこが4回戦に勝ちあがってくるか、予想が難しいです。

反対ゾーンの左側は新城東作手に好投手がいるって話です。見たことがないのですが・・・。中村の長崎も力があるので楽しみな一戦。西尾東は毎年強いチームを作るし、同朋は二遊間を中心に野手は力があります。

その隣は誉高校が入りました。秋のベスト4。2年生以下が中心のチームですが、勢いにのればBブロックを突破するだけの力はあります。ただ、組み合わせ的にはなかなか骨っぽい相手がそろいました。
小牧工はスラッガーの森本がいて、同地区ですので誉を恐れないでしょうし、そういう意味では嫌な相手。次の誠信−国府は誠信がいまいち結果が出ていませんがどっちがあがってきても怖いチーム。新城東も毎年いいチームを作ってきますし、息がなかなか抜けない戦いとなりそうです。下級生中心のチームは3年生のそろったチームにころっと負けるケースも多いので、それを気をつければ誉が頭ひとつ抜けていそうなんですが・・・。

このゾーンは誠林館、誉の尾張地区の2校の争いと予想。誉を一応ベスト8に上げておきます。
(敬称略)