愛知夏大2014Aゾーン
シード校は岩津。

岩津は春に豊川、成章らを破ってベスト4入り。春の全三河大会で優勝と着々と結果を残しています。
まずバッテリーがいい。エース柴田賢、キャッチャー天野と力がありますし、打線も鋭い打球を打てます。それに、2番手投手としてアンダーハンドの山田がここにきて力をつけて投手陣がぐっと楽になった印象。
シードで3回戦からの登場となる部分が心配ではありますが、足をどんどん使って攻めるスタイルで自分たちの野球をやりきる強さがあるチームなので、乗り切れるんじゃないかなって思います。

その岩津と初戦にあたりそうなのが豊田工。今年のチームは見たことがないのですが、エースのサウスポーが力があるとききますし、キャッチャーの黒田はかなりの強肩で1年生秋から試合に出ている選手。チームとしても毎年強いチームを作ってくるので、岩津−豊田工となったら激しい試合になりそうです。同じ西三河同士で手の内もわかっているでしょうしね。

その勝者とあたるゾーンには好チームがずらり。その中の中心は高浜ですね。秋にベスト8。ここもバッテリーを中心に強いチームです。キャッチャーの坊の肩は一見の価値ありです。
三好−刈谷、愛知商−小牧はどちらも屈指の好カードですし、この4チームはどこが上がってきても不思議ではありません。小牧は打線が活発ですし、投手もなかなかレベルが高いので、4チームの中では小牧を推します。

反対のゾーンでは時習館、桜丘という東三河の強豪が入りました。桜丘が今のチームはあまり聞かなくてわからないんですよね。時習館は夏に強い伝統があるので、勝ち進みそう。
個人的には東海−滝の頭がいい学校対決が注目。東海のピッチャーが何気に好投手なのでひそかに注目しています。
右側のゾーンは愛産大工が中心。昭和、科技高豊田が追う形でしょうけど、順当に勝ち上がりそうかな?
今年は絶対的エースがいない印象ですけど、夏にどこまで仕上げてきているか。注目です。

岩津、豊田工、高浜の三つ巴のいずれかと愛産大工がベスト8をかけてぶつかる形になりそうです。
予想は正直難しいですが・・・。岩津のベスト8に期待します。
(敬称略)