DeNAのドラフト5位、関根大気外野手(18)=東邦高=のキャンプ1軍スタートが25日、決まった。球団の高卒新人野手では00年の田中一徳以来、14年ぶりの大抜てき。横須賀市のベイスターズ球場で吉報を聞いた新星は、さっそく決意表明した。
「ここでやっていく上で、レギュラーは目標。チャンスがあれば、今年からアピールしたい」。東邦高の学年末テストを終え、新人合同自主トレに再合流したばかり。即戦力のドラフト1位右腕・柿田らとともに、中畑監督の“1次試験”をパスしてみせた。
今季の外野構想では梶谷、荒波が当確。残り1枠は超激戦区となりそうだ。「打率を残せて長打も打てる。梶谷選手を目標にしたい」。入団直後に背番号「52」から変更になった「63」は、憧れの先輩から継承。1軍デビュー、開幕スタメンへ、18歳は欲張りに戦う。(スポーツ報知より)

東邦からドラフト5位でDNAに入った関根選手が1軍キャンプに抜擢されました。高校時代からプロ志向が高かったようですし、入ってからが勝負と意識も高いようです。

地元でも中日はチーム事情で取れなかったと思われる選手。逃がした魚は大きい、となるように頑張ってほしいですね。

1軍でナゴヤドームに凱旋してほしいです。