名古屋グランパスは14日、来季の監督に西野朗氏の就任が内定したと発表した。
現役引退後は、指導者に転身して、1996年にはU−23日本代表を率いてアトランタ・オリンピックでU−23ブラジル代表を撃破。1998年から2001年途中まで柏レイソルの指揮官を務め、2002年から2011年までガンバ大阪を指揮していた。2012年5月から同年11月までは、ヴィッセル神戸を率いている。
柏時代の1999年には、ナビスコカップを制覇。G大阪では、2005年のJ1優勝や2007年のナビスコカップ制覇、2008年と2009年に天皇杯連覇を達成。2008年にAFCチャンピオンズリーグを制覇して、クラブ・ワールドカップでは3位となっていた。なお、J1通算244勝は、最多となっている。(SOCCER KINGより)

ピクシーが退団していた名古屋の新監督は西野監督に決定。正式に発表されました。

現在のグランパスからどう立て直すか。手腕に期待したいところですね。

ピクシーについて。6年間のうち4年は素晴らしかった。ただ最後の2年で評価を下げてしまったのが残念です。
育成という部分はあまり向かないタイプだったようですね。4年間の実績なら、代表監督の声もかかったかもしれなかったのに・・・。
でも、優秀な選手たちを集めて力を発揮させる代表監督には向いているかも?また違う舞台でピクシーを見たいですね。

グランパスは赤字脱却のために、選手を大分切ってスリム化を図っています。西野さんは一からチームを作ることになるので、時間はかかるかもしれませんが、いいチームを作ってほしいですね。