レシピ「四十九日のレシピ」を見てきました。

あらすじ: 熱田良平(石橋蓮司)が急に妻の乙美を亡くして2週間が過ぎたころ、派手な身なりのイモ(二階堂ふみ)が熱田家を訪問する。突然現われ、亡き妻から四十九日を無事に迎えるためのレシピを預かっていると言い彼女の存在に良平は目を白黒させる。そこへ夫(原田泰造)の不倫で、離婚届を突き付けてきた娘の百合子(永作博美)が東京から戻って来て……。

なんていうか、じんわりとあったかくなる映画でした。岐阜でのロケだったようで、車が名古屋ナンバーだったり、なんか親近感もわいたし。

永作博美は相変わらずかわいいですね。43歳、2児の母(撮影時はまだ1児の母)とは思えない。

納得いかない部分もあった(旦那に対する決断、伯母の改心)のですが、それを引いても乙美さんの残したものが素敵すぎて、感動しました。

たくさんの人に見てほしい映画ですね。☆は4.5です。