11月18日に明治神宮大会で行われた中部学院大−桐蔭横浜大の観戦記です。
瑞穂で見た際に、かなり力があると感じた中部学院大。前年優勝校の桐蔭横浜大にどこまで迫れるかに注目して観戦しました。

中部学院大
203000000|5 H7 E1
20000062X|10 H9 E4
桐蔭横浜大

中部学院大
斎藤、金本、西口、東谷、床田−井上
桐蔭横浜大
横山、小野−氏家

スタメン
中部学院大
7松田 6藤田 8野間 3杉島 9上西 5大杉 4武田 2井上 1斎藤
桐蔭横浜大
6山中 9大嶌 4甲川 3福井 5喜納 7阿部亮 8西潟 1横山 2氏家

(試合経過)
1回表、2死満塁からショート正面のゴロを弾き、タイムリーエラーで2点。中部学院大が先制。
1回裏、1死満塁から5番喜納がライトへタイムリー。ゲッツー崩れで同点。2−2
3回表、無死1、2塁から5番上西がセンターバックスクリーンにぶち込む3ラン。中部学院が勝ち越し。
4回表に、桐蔭横浜大はエース小野を投入。
7回裏、無死1、2塁からバントで3塁封殺を狙うもサードが逸らして2塁ランナーホームイン。無死1、2塁でピッチャー交替、金本。1死満塁から5番喜納が犠牲フライ。2死1、3塁から6番阿部亮がライトオーバー2点タイムリー3ベースで逆転。続く7番西潟が左中間を破るタイムリー2ベース。2死2塁でピッチャー交替、西口。8番ピッチャー小野にもタイムリー。8−5

ここで球場を後にしました。
試合は桐蔭横浜大が勝ちました。

斎藤投手は要所で三振が取れていたので粘り強いピッチングが出来ていました。ただ6回くらいから球が浮いてきていて少し心配をしてきたところに、7回にエラーでピンチを広げられ、後のピッチャーも踏ん張りきれず。

どちらも外野守備など、能力が高いことを見せてくれていましたね。

中部学院大の上西選手はすごかった。外野でも強肩で魅せてくれましたが、ホームランの打球はほんとにすごかった。打った瞬間は外野はなんとか超えるかな?と思ったのですが、ぐんぐん伸びてバックスクリーンへ。大学野球でああいう打球は久々に見た気がします。社会人でも頑張ってほしいですね。

桐蔭横浜大のキャッチャー氏家選手は158cm。ここまで小さいキャッチャーは珍しいですよね。それでいてキャプテンでチームを引っ張る。すごいです。社会人でやるか分かりませんが、小さい選手の励みになりそうですね。

小野投手はさすが去年の胴上げ投手。しっかりと抑えて流れを作りました。素晴らしい投手です。

中部学院大はあわやの場面も作ったし、斎藤投手らが経験した全国の壁を来年に活かしてほしいですね。いい選手が出てくるチームになってきていますし、来年も楽しみです。