準々決勝
愛産大三河9−6丹羽
享栄5−9中部大第一
至学館3−6愛知黎明
愛工大名電5−0春日丘

愛知黎明が至学館を撃破。至学館は吐前投手が剥離骨折と新聞には出ていましたが、さすがに先発出来ず。苦しい展開となりました。

愛工大名電は東投手が完封。やはり力がありますね。

準決勝のカード
岡崎球場

愛知黎明−愛産大三河

愛知黎明(旧弥富)はミラクル弥富として甲子園に出場した2001年以来のベスト4。愛産大三河は準優勝だった2006年以来のベスト4です。
ポイントは両者3連投となるエースのピッチングがどうなるか。他のピッチャーとの兼ね合いがどうか。打線は好調。あとはピッチャーがどこまで踏ん張れるか。ミラクル弥富改め愛知黎明に期待です。

愛工大名電−中部大第一
名電は2年連続のベスト4。中部大第一は現中日の田島を擁してベスト4に進んだ2007年以来のベスト4です。勝てば名古屋第一として決勝に進んだ1994年以来になります。
名電の東投手はほとんど失点をしていないのでは?それくらいちょっと抜けたピッチングをしています。中部大第一の久保田投手も力のある左腕ですが、3連投がどうなるか。
中部大第一がどこまで名電投手陣から点が取れるかがポイントになりそうです。

なにより、明日は天気が心配です。見に行く予定ですので持ってほしいですが・・・。