6月24日にJR東海グランドで行われた三菱自動車岡崎−JR東海の壮行試合の観戦記です。
この予選で代表の中で唯一見たことがない三菱自動車岡崎が見たくて観戦。また、高校時代に注目していた岩津高校出身の山田投手の登板がないかな〜と期待して観戦しました。

三菱自動車岡崎
000031000|4 H13 E1
000000101|2 H6 E2
JR東海
三菱自動車岡崎
仲井、田中優、山田−島仲
JR東海
菅野、大福、佐藤−江口、白川

投手成績
三菱自動車岡崎
仲井 5回 65球 被安打2 四球2 三振4 失点0
田中優 2回 31球 被安打3 四球2 三振0 失点1
山田 2回 32球 被安打1 四球1 三振1 失点1
JR東海
菅野 5回 110球 被安打9 四球1 三振3 失点3
大福 2回 35球 被安打3 四球0 三振0 失点1
佐藤 2回 29球 被安打1 四球0 三振1 失点0
仲井投手は時習館高校、慶應大出身。右オーバーハンド。テイクバック小さいフォーム。ボールは速い。
山田投手は右のアンダーハンド。投げるタイミングを変えて上手く打ち取ります。
菅野投手は右のサイドハンド。ちょっとボールが多かった。

スタメン
三菱自動車岡崎
8中村 5渡辺 7小室 2島仲 D標供9豊住 3西村 4中山 6下山
JR東海
8藤川 6村井 D堀尾 3池田 7上村 4日野原 5伊藤 2江口 9野村

(試合経過)
5回表、1死1、2塁から3番小室がタイムリー。三菱が先制。更に1死1、3塁から4番島仲が犠牲フライ。2死2塁から5番桑原がタイムリー2ベース。3−0
6回表、2死1、2塁からサードゴロエラーで2塁ランナーホームイン。4−0
7回裏、1死満塁からサードゴロゲッツー崩れで1点。4−1
9回裏、2死3塁から6番花嶋がタイムリー2ベース。三菱自動車岡崎が4−2で逃げ切りました。

山田投手が見れたことが一番うれしかった。高校時代の2年の春から見てきたピッチャーでしたからね。高卒1年目の社会人で投げていることがどれだけすごいことか。この日は点を取られましたが、またチャンスを活かしたいですね。
仲井投手も地元の時習館高校出身。いいボールを投げていました。たしか浪人して慶應に入ったんですよね。
両投手とも都市対抗で出番があるかは分かりませんが、活躍を期待します。

この日は岡崎の調子が良かった。両チームとも本番での活躍を期待します。