いよいよ大会が明日から始まります。

6日
瑞穂球場
開会式
13:00
愛知−東郷

7日
小牧球場
津島−一宮興道
稲沢東−津島北
美和−一宮商

豊橋球場
御津−名古屋工
福江−東海
小坂井−豊橋南

豊田球場
安城東−一色
安城南−松平
三好−阿久比

一宮球場
星城−犬山
犬山南−旭野

刈谷球場
岡崎工−豊川工
豊田工−小牧工
岩津−春日井工

岡崎球場
愛知商−安城農林
一宮南−人環大岡崎
名古屋国際−豊田北

阿久比球場
横須賀−内海
明和−半田商

瑞穂球場
東邦−豊橋商
緑丘商−名経大高蔵
高蔵寺−瀬戸窯業

春日井球場
名古屋大谷−南陽
起工−春日井商・西陵

熱田球場
杜若−松蔭
愛産大工−愛知工

注目校、好カードがいくつか登場します。
開幕カードの愛知−東郷は何気に好カード。愛知は2年生中心のメンバー。開幕試合という、特殊な試合で普通に戦えるか。愛知は苦しむかも。

稲沢東−津島北も好ゲームになりそう。稲沢東の松本投手は個人的注目のサウスポー。

御津高校は1年生10人での初参加。「おおきく振りかぶって」の西浦高校を彷彿とさせます。漫画みたいに上手くはいかないとは思いますが、注目ですね。

一宮球場では星城が初戦。好投手と言われる間瀬投手のピッチングに注目。

刈谷球場は3カードとも面白そうな試合。豊田工−小牧工が一番の注目ですが、岩津高校も部員がたくさん入ってどうなったか注目です。

名古屋国際−豊田北。豊田北も例年チームを作ってくるので名古屋国際としても侮れない。寺澤投手が19番というのがどうなのかなぁ。投手起用にも注目。

明和−半田商もなかなか面白そうな対戦。明和は秋の市内県立優勝。半田商は春の全尾張本戦に出場。

瑞穂球場は東邦が登場。豊橋商がどこまで逃げずに戦えるか。

熱田球場は杜若、愛産大工が登場。松蔭は杜若のサウスポー田村投手をどこまで捉えられるか、なのですが、ピッチャーの踏ん張りで接戦に持ち込みたいですね。
愛産大工は工藤投手に注目。愛知工も悪いチームじゃないので、初戦どう戦うか注目ですね。

開幕試合と7日は熱田球場に行く予定です。