G


予想です。
シード校は栄徳

春に準優勝。初の東海大会も経験しました。
栄徳は投手陣の左右の2年生、大塚、大内投手がいるのが心強い。また守備もいいので安定して戦えるチーム。

その栄徳と初戦に当たりそうなのが誉。本来だったら昨年ベスト8の立役者、岡投手を中心に優勝候補、と言われていたかもしれないのですが・・・。エース加藤投手は体格通りに重そうな球を投げます。どこまで打線がカバー出来るか。全尾張大会で、チーム全体で逆方向に強く打つ取組をしていました。そういう意識を本番で活かしたいですね。
なんにせよ栄徳にとっては厳しい初戦の相手になりますね。

となりのブロックには愛産大工が入りました。秋に県大会を逃し、春も県大会初戦負けとなかなか結果が出ていない愛産大工。前年にかなり投げていた工藤投手がいるので、こんなにこの世代で苦戦するとは思わなかったのですが・・・。初戦の愛知工も市内県立で2位に入り侮れない相手。いい戦いをして波にのりたいところですね。
2回戦の春日井も毎年きちんとチームを作ってくるので、この2試合は注目です。

反対のゾーンは大府が入りました。ただ、現チームは見たことがないんですよね。2回戦からの登場で、どういう戦いをするか。同じブロックに三好や阿久比、刈谷北らがいます。三好は力はあると思うので、大府も油断できませんね。

その隣のブロックには愛知黎明(旧弥富)が入りました。昨年秋には名電を破って驚かせました。正直エース大久保投手の出来次第だと思います。春も豊川の森口投手との投げ合いは見ごたえありましたし。どこまでチームとして大久保投手を助けられるかがカギ。

このゾーンは栄徳が若干抜けていると思います。5回戦には愛知黎明が有力だと思いますが、大府も黙ってはいないでしょう。
予想は栄徳にします。