E


予想です。

シード校は愛工大名電。
今年の名電の強いところは東投手の存在。去年の秋の時点で、前のエースの濱田投手よりも安定感では上、と思っていました。春以降は継投で来ていましたが、正直東投手を前面に押し立てる方が他のチームにはやっかいだと思います。個人的にはどう東投手を上手く投げさせるかかなって思っています。

その名電と初戦を戦いそうなのは愛知が有力。今年の愛知は打線に力がある。4番に入っていた2年生の原選手が中心かな?投手は赤澤投手次第と思います。
ただ、初戦の東郷もなかなか力を付けてきています。開幕試合で異様な雰囲気にのまれないといいけど。
瀬戸は野球太郎に名前が出ていた阪本投手が注目ですね。見たことがないので分からないのですが・・・。
そう考えると愛知も結構厳しい戦いとなりそうです。

隣のブロックは豊田西が入りました。今年の豊田西は投手力にやや不安があるものの、足を使った伝統の積極的な攻撃は健在。得点力が高いチームです。同じブロックに春に県大会に進んだ知立東、同朋もいて、ここも力の拮抗したチームが多いゾーンですね。

反対のゾーンには横須賀、知多翔洋、明和、半田商が入っています。
明和は去年の秋に東邦を予選で破って名を上げました。県大会には進めませんでしたが、市内県立で優勝するなど、力があります。投打にまとまっていて、東邦を破ったのは伊達じゃないと感じたチーム。ただ初戦の半田商も全尾張の本戦に進んだチームで、隠れた1回戦の好カードなんですよね。注目です。
横須賀は昨年夏にエースとして経験している山口投手がいます。混戦ブロックですね。

隣のブロックは桜丘が中心。ただ、例年よりも小粒に感じるチームですし、戦いながらチーム力を上げたいところ。
岡崎北の石川投手は春に見た時に潜在能力を感じたピッチャー。それから夏までにどこまで成長したかは分かりませんが、期待したいですね。

名電は案外厳しいゾーンに入りましたが、戦い方を間違えなければやはりこのゾーンを制すると思います。
もし春までのように継投で戦うのであれば、その隙を他のチームとしては突きたいところですね。
得に豊田西の積極的な攻撃には期待。