A


予想です。

シード校は愛知啓成。

今年の啓成は投手陣が揃っています。春の大会でエースだった今野投手は見たことがないのですが、宮津投手、佐藤投手、成瀬投手、堀田投手とみな経験のあるピッチャー。打線も積極的な攻撃を見せて、攻守で高いレベルにあります。あとはどうベンチワークで勝ち切るか。でも楽しみなチームになります。

その啓成と初戦となる相手は津島、一宮興道、丹羽のいずれか。
津島は攻撃力が高いチーム。丹羽はエースの桑原投手が左腕の好投手。この両校のぶつかり合いが面白そうです。一宮興道もエース不在の時に見たので、復帰していれば分かりませんし、力の差はないように思います。
啓成は、どこが来ても同じ尾張のチームなので、イメージはしやすいでしょうね。なかなか力のあるチームですけど、戦いやすいと思います。

啓成と4回戦で当たるブロックは正直混戦。清林館くらいしか見たことがないのですが、清林館も抜けた力はない。エースの都築投手は試合は作れるピッチャー。リズムよく戦いたい。
ただ、どこが抜けてきても啓成相手は厳しいかな・・・。

反対のゾーンではまず、刈谷−新城東が1回戦の好カード。刈谷は投手が若干弱いですが、積極的な攻撃を見せる打線で補います。バックもしっかり守れるので、チーム力は高い。
不祥事で春に出られなかった岡崎商には、好左腕の小川投手がいます。特徴のあるフォームから力のあるボールを投げます。ヤクルトのライアン小川の左版。一宮北の菅原投手、新川の上赤投手も力のあるピッチャー。

刈谷が少し抜けている印象ですが、新川や岡崎商も力の差はないです。このあたりが5回戦の有力候補かな?

ただ、愛知啓成がこのゾーンでは抜けている印象。刈谷が来た場合は、先手を取ってあわてさせたいですね。

予想は愛知啓成にします。