3月28日に津島球場で行われた第3試合、西春−滝の観戦記です。
頭のいい学校同士の対戦。負けたら終わりの1回戦。終盤激しい試合になりました。

西春
004000050|9 H11 E3
200000204|8 H11 E1


西春
鷲北、尾関ー稲山

野本ー宮地

投手成績
西春
鷲北(1) 7回 97球 被安打5 四死球3 三振2 失点4
尾関(5) 2回 43球 被安打6 死球1 三振1 失点4

野本(1) 9回 126球 被安打11 四死球3 三振9 失点9

西春の鷲北投手は右のオーバーハンド。まっすぐはぼちぼち。腕の振りが柔らかいタイプ。
尾関投手は右のスリークォーター。力投型。まっすぐはそこそこ。どちらも秋にみています
野本投手は左のオーバーハンド。ボールは最初あんまり走っていない印象でした。疲れもあったと思います。

スタメン
西春
8長谷川 9森 7高橋 3山口 6前野 5尾関 1鷲北 4山本 2稲山

5二所宮 6小澤 9関 2宮地 1野本 4太田 3沢崎 7喜来 8後藤陽

(試合経過)
1回表、先頭の長谷川がヒットの後、バント処理の野選で無死1,2塁。しかし3番高橋のバント処理で3塁をアウトにし、ピンチを防ぎます。
1回裏、1死2塁から3番関の速いショートゴロを逸らしタイムリーエラー。更に1死3塁から4番宮地がタイムリー。滝が2点先制。
3回表、2死無走者からヒット2本と四球で満塁。5番前野がタイムリー。6番尾関が走者一掃のタイムリー2ベース。4ー2と西春逆転。
7回裏、先頭の野本が3ベース。続く6番太田がタイムリー。さらに1死3塁から8番喜来がタイムリー。同点。
8回表、1死満塁から6番尾関がタイムリー。西春が勝ち越し。更に2死満塁から8番山本が走者一掃タイムリー3ベース。9番稲山もタイムリー2ベース。9ー4。
9回裏、1死満塁から9番後藤、1番二所宮、2番小澤と3連続タイムリー。3番関が押し出し四球を選び1点差。最後4番5番が倒れ試合終了。西春が辛くも逃げ切りました。
西春はファーストストライクから積極的に打つ打線。それがチャンスでの集中打を生みました。
9本のヒットをビッグイニングの2つに集中させての大量点は見事でした。西春の課題は投手を含めた守備ですかね・・・。どうしても抑え込む球威はないだけに、打たせて取っていくことになるので、そこをどうするか。考えて野球が出来るチームだと思うので、チーム力で磨いてほしいですね。

滝は野本投手は最初は良くないかな?と思いましたが、三振9個奪っているように、力はあります。大量点を失ったイニングは四死球がやはり絡んでいます。エラーを含めミスを減らす。当たり前ですけど、夏に向けて頑張ってほしい。
9回の4番でのレフトフライ。浅めだったし、個人的には勝負してほしいと思いながらも難しいプレー。ただ、3塁ランナーは少なくともタッチアップの体制は取ってほしかった。万が一送球が逸れるかもしれないし。惜しいプレーでした。