3月15日に瑞穂球場で行われた愛知大−トヨタ自動車の大学社会人の対抗戦です。
社会人トップクラスのトヨタ自動車に愛知大の投手陣がどこまで踏ん張れるかに注目して観戦しました。

愛知大
000010000|1 H5 E2
12020102X|8 H9 E0
トヨタ自動車

愛知大
水越、森、鍵谷ー松本道
トヨタ自動車
川尻、久保地、岩崎ー二葉

投手成績
愛知大
水越 4回 66球 被安打6 四球2 三振2 失点5
森 3回 51球 被安打1 四死球3 三振2 失点1
鍵谷 1回 23球 被安打2 四球1 三振1 失点2
トヨタ自動車
川尻 6回 86球 被安打4 四球0 三振5 失点1
久保地 1回 12球 被安打1 四球0 三振0 失点0
岩崎 2回 21球 被安打0 四球0 三振1 失点0

水越投手は左のオーバーハンド。一宮南出身の4年生。まっすぐはなかなか。右バッターへのクロスファイアは良かったものの、コーナーを狙いすぎてピッチングを苦しくしていました。
森投手は右のオーバーハンド。まっすぐはまぁまぁ速い。天白出身の3年生。キレのあるまっすぐを投げていました。
鍵谷投手は右のオーバーハンド。テイクバックの大きいフォーム。まっすぐはまぁまぁ速い。安城東出身の2年生。ボールに力があって楽しみなピッチャー。

川尻投手は玉野光南出身の26歳。右のオーバーハンド。まっすぐはかなり速く伸びがありました。
久保地投手は土佐高校出身の23歳。上から投げおろすピッチャー。まっすぐはまぁまぁ速い。
岩崎投手は樟南出身の29歳。右のサイドに近いスリークォーター。まっすぐはまぁまぁ速い。キレがあります。

スタメン
愛知大
7松本拓 8寺嶋 3太田 2松本直 5倉地 9長江 D安藤 6知原 4嶋谷
トヨタ
9引本 6田中卓 4福田 3高坂 7田中幸 8保良 D坂田 5樺沢 2二葉

(試合経過)
1回裏、2死1塁から4番高坂がタイムリー3ベース。トヨタが先制。
2回裏、1死1塁から8番樺澤が左中間を破る当たり。エンドランがかかっていて、長躯ホームイン。更に1死1、3塁から1塁手がはじくタイムリーエラー。3ー0
3回表、1死1塁から1番松本拓がいい当たりもセンター正面の当たりでアウト。1塁ランナーはアウトカウントを間違えたのか、3塁まで走っていて、1塁ホースアウトでゲッツーに。
4回裏、先頭の6番保良、7番坂田の連続2ベースで1点。8番樺澤がタイムリー。5ー0
5回表、この回先頭の後藤が3ベース。1死後、8番知原の2ゴロの間に1点。5ー1
6回裏、1死2、3塁から9番二葉のレフトフライをレフトが好捕も犠牲フライとなり6ー1。
8回裏、無死2塁から8番樺澤がタイムリー。1死2、3塁から2番田中卓の犠牲フライ。8ー1
そのままトヨタ自動車が勝ちました。
水越投手は野球太郎に名前が出てたし、森投手はリーグ戦でも投げていた好投手。この2人がどこまでトヨタに通用するかな、と楽しみだったのですが、結果から言えばどちらも失点。ただ、森投手のが、球威で抑え込んでいて結果が良かった。ただ、6回の失点は四死球からノーヒットでの失点。もったいなかったですね。
2人ともいいまっすぐで空振りと取るシーンもあったので、ボールの質をそろえたいです。
3番手の鍵谷投手もなかなかのボールを投げていたし、楽しみですね。
ただ、ミスがちょこちょこでて、それが失点につながっていました。強いチームは見逃してくれませんので、そこを改善してほしい。

トヨタはさすがにスイングも速く、力があります。中軸はそんなにあたりは無かったのですが、6番保良、7番坂田、8番樺沢はいずれもマルチヒット。樺沢選手は3本のタイムリーと大当たりでした。
途中、中京大中京−慶應大の竹内投手がブルペンで投げていたので、登板あるかと期待したのですが登板なし。少し残念でした。