プロレス 暗黒街 (別冊宝島 1954 ノンフィクション)
プロレス 暗黒街 (別冊宝島 1954 ノンフィクション)


恒例?のプロレスの暴露本の最新刊です。
今回は女子プロレスラーの事故死に対しての記事が一番衝撃的だった感じですね。

ぶっちゃけNOAHはもうやるだけ借金が増えると思うんですけどね。全日も厳しいみたいですし。
しかし、こういう記事に全く出てこないドラゴンゲートやDDTというのは、上手くいっているのか、まだまだ知名度がないから相手にされないのか。まぁ、マイナス面を書かれないだけましなのかな?

新日はオカダの売り出しが大きかったよなぁ。イメージが一気に良くなったし。よくここまで持ち直したと思います。まぁここからどこまで上げられるかでしょうけど。

全日はNOAH離脱組(バーニング)を受け入れましたけど、大丈夫なんでしょうか。バーニングももっと宣伝活動すればいいのに。観客動員につながるのかなぁ。