大相撲で史上最多の幕内優勝32回を誇る、第48代横綱・大鵬の納谷幸喜(なや・こうき)さんが19日午後3時15分、心室頻拍(ひんぱく)のため都内の病院で死去した。72歳だった。
納谷さんは60年1月に二所ノ関部屋に入門した。61年秋場所で連続優勝を果たし、柏戸とともに横綱に昇進。恵まれた体格と柔軟な取り口で“柏鵬時代”を築いた。
当時、子どもの好きな物を並べた「巨人・大鵬・卵焼き」という言葉が生まれたほどで、昭和の大横綱と称された。(デイリーより)

昭和の大横綱。優勝最多32回の大鵬さんが亡くなりました。
当然生まれる前の横綱なので見たことはないですが、昭和が遠くなっていくなぁと感じます。

柏鵬時代。うちの母親と話をしていて、大鵬は強すぎて、柏戸を応援していた、と聞いたことを良く覚えています。
僕のひねくれものの血筋はここから来ていますね(笑)。そういう印象が強いです。

初場所は日馬富士が7連勝。大分調子を上げてきています。逆に白鵬がちょっと押される場面が増えてきています。このあたりが後半どうなるか。
把瑠都がようやく足が前に出てきました。10番勝てるか、注目です。

琴奨菊はなんであんなに足が出なくなっちゃったんだろう。心配です。

下位では雅山が7連敗。十両でも取るって言ってますけど、厳しい感じですね。