11月10日、明治神宮大会大学の部第3試合、京都学園大−三重中京大の観戦記です。
三重中京大の則本がどんなピッチングをするか。周りがどこまで則本を助けられるかに注目して観戦しました。

京都学園大
010101010|4 H8 E3
10003002X|6 H10 E3
三重中京大

京都学園大
稲垣、白濱−中野
三重中京大
則本−法本

投手成績
京都学園大
稲垣 5回 112球 被安打6 四球5 三振7 失点4
白濱 3回 64球 被安打3 四死球3 三振4 失点2
三重中京大
則本 9回 146球 被安打10 四球2 三振12 失点4

稲垣投手は右のオーバーハンド。米子松蔭出身の4年生。MAX142k。やや立ったフォーム。コントロールに苦しみました。
白濱投手は左のオーバーハンド。球の出所が見にくいフォーム。明豊出身の3年生。MAX138k
則本投手は右のスリークォーター。MAX151k。八幡商出身。まっすぐが捉えられる場面もありましたが、調子はまずまず。途中から三振を取りに行く投球に切り替えたように見えました。

スタメン
京都学園大
9林 4榎本直 5若原 3宮下 7飯田 2中村 6木村 8尾尻 1稲垣
三重中京大
4高橋 8宮崎 9松下 2法本 3八万 5杉 7長谷川 1則本 6河野

(試合経過)
1回裏、1番高橋が3ベース。2番宮崎がタイムリー。三重中京大が先制。
2回表、先頭の4番宮下がヒットとファンブルする間に2塁へ。送って1死3塁から6番中野がプッシュ気味に転がしスクイズを成功させ、すかさず同点。
3回表、1死から9番稲垣1番林が連打で1,2塁も2番が併殺。
3回裏、三重中京大も1死満塁とチャンスを作るも5番が併殺。
4回表、1死1、2塁から6番中野のセカンドゴロでショートへのトスが逸れて外野まで転がる間にセカンドランナーホームイン。京都学園大が逆転。2−1。尚も1死1,2塁でしたが、則本が連続三振に斬ってピンチを脱します。
5回裏、四球3つで2死満塁から6番杉がタイムリー。代打田中の1塁ゴロがアンツーカーでイレギュラーして外野に抜け(記録エラー)2者生還。三重中京大が逆転。4−2
6回表、1死から4番宮下5番飯田の連打で1、2塁とし、6番中野がタイムリー。4−3
6回裏、ピッチャー交替、白濱。
8回表、2死3塁からショートゴロで1塁送球エラー。同点。
8回裏、1死1、3塁から3番松下の犠牲フライで勝ち越し。2死3塁から4番法本がタイムリー。6−4
則本が最後踏ん張って、三重中京大が勝ちました。
京都学園は、ヒットを打っていたのが4番宮下、5番飯田、6番中野。ほぼこの3人。打順が続いていたので、上手く得点につながりました。
6番の中野選手は2つエラー絡みなので打点にはなっていませんが、全得点は彼のバットから出ていてラッキーボーイでした。
先発の稲垣投手は四球が多すぎました。2番手の白濱投手は良かったですが、8回の先頭も死球。これらがちょっともったいなかった印象です。

三重中京大は、東海地区予選で見た時にエラーを連発していて、不安はあったのですが、それが的中して、ミスでの失点が多く、則本投手は自責点は1点のみ。でもまぁこの日は打線で援護したし、大事な場面で、たとえば3盗の時にキャッチャーが送球が逸れそうなのを体で止めたりだとか、そういう気持ちが伝わるプレーが多かったので、最終的には勝利につながったかな?と思いました。
しかし、則本投手は100球超えたところでも150kを記録。球威は間違いなく出場選手でナンバーワンでした。楽天でも楽しみです。
2番の宮崎選手も3安打。プロでも育成から這い上がれるといいですね。