10月29日に瑞穂球場で行われた三重中京大−愛知学院大の明治神宮大会代表決定戦の観戦記です。
三重中京大の先発は4連投の則本投手。愛知学院大もエース萩原投手が先発。両エースの投げ合いに注目して観戦しました。

三重中京大
010000001|2 H6 E2
000100000|1 H8 E0
愛知学院大

三重中京大
則本−法本
愛知学院大
萩原、波多野−古川

則本投手は4連投。やはり立ち上がりは不安定でした。しかしピンチでのピッチングはさすがの一言。上手くカット系のボールでファールを打たせて追い込んでいました。
8回まで毎回の14奪三振。

萩原投手も不安定。ややボールが高く、まっすぐが定まらない。そのために変化球が見られて苦しいピッチングでした。
波多野投手は左のオーバーハンド。スライダーの切れが良かった。

スタメン
三重中京大
4高橋 8宮崎 7長谷川 2法本 5杉 3八万 9永安 1則本 6河野
愛知学院大
6田中 8石橋 9濱内 3大迫 5長田 2古川 4西田 1萩原 7澤亀

(試合経過)
1回裏、先頭の田中がヒットで出塁後、盗塁失敗でアウトに。そこから内野安打と死球で1死1,2塁とするも、4番5番を連続三振で則本が切りぬけます。
2回表、2死2塁から、7番永安がセンターへ抜けそうなあたりを、ショートの田中がなんとか止めて内野安打に。2死1、3塁。ここで8番則本が素晴らしい当たりで右中間へ運ぶタイムリー2ベース。三重中京大が先制。尚も9番河野が四球で2死満塁も1番をショートゴロに抑えて1点で食い止めます。
4回裏、2死から5番長田がショートのエラーで出塁。2死1塁から6番古川がタイムリー2ベース。同点。
5回裏、先頭の8番ピッチャーの萩原がヒット。9番澤亀も連打で続き、送って1死2,3塁。2番石橋の2球目にスクイズを仕掛けるもファール。ここで3塁ランナーの萩原に代走を送って愛学は勝負をかける。しかし、石橋は三振。3番濱内が死球で満塁も4番大迫が三振でチャンスを活かしきれず。
6回表、ピッチャー交替、波多野。
6回裏、2死1,2塁、7回裏、2死2,3塁を活かせない愛学。
一方、替わった波多野から四球が一つだけで、8回まで3イニングノーヒットの三重中京大。
8回裏、先頭の6番古川がヒットで出塁。7番西田の2球目に仕掛けて間一髪盗塁成功。カウント1−2から、西田がバントを空振りで三振。2塁ランナー飛び出すも、送球の間に判断良く3塁へ向かいセーフに。1死3塁から、8番波多野は四球。9番澤亀の2球目にスクイズもファールに。盗塁があって1死2,3塁から、澤亀の打球はセカンドライナー。ランナー戻れずダブルプレー。一瞬でチャンスを逸します。
9回表、先頭の4番法本が四球。犠打の後、6番八万が進塁打を放ち2死3塁。ここで途中から7番に入っている松下がレフトへタイムリー。三重中京大が勝ち越し。ここで球場を後にしました。
試合はそのまま三重中京大が逃げ切って、神宮切符を手にしました。
試合経過に書いたとおり、なかなかチャンスを活かせない、じりじりとした展開。ただ、拙攻というより、則本君の意地、愛知学院の王者としての意地。このぶつかり合いが素晴らしく、極上の勝負となりました。
終盤のスタンドを含めた緊張感はすごかった。1本ヒットが出るだけで雰囲気が変わる試合というのはなかなか出合えないですからね。これが勝負がかかった試合の面白さですね。
最後まで見れなかったのは残念ですけど、こういう試合に出会えるから、観戦は止められないんですよね。

則本君、すごかった。4連投で立ち上がりは不安定だったし、途中で疲れも見えた。でも、14奪三振。故障は怖いけど、これがプロに行くピッチャーの凄みなんだな、と思わされました。
則本君だけじゃない。4年生だけのチームのこれで終わりたくないという思いが、最後勝ちにつながったかなって思います。チーム力的にはやっぱり愛学のが上だった気もしますが・・・。
最後、1日でも長く、このチームで野球をやれるように、神宮でも最後まで頑張ってほしい。

愛知学院はやっぱりすごいなって思いました。この秋はいきなり愛産大に勝ち点を落としたように、拮抗したリーグ戦。でもそこからきちんと連勝して優勝。この大会でも決勝まで勝ち進む。間にごたごたがあったにも関わらず、リーグ戦6連覇をしたのは伊達じゃないな、と思いました。
最後は思いの差かな・・・。でも、愛知学院からも、絶対に神宮に行くんだ、という気迫は伝わってきました。

この日投げた投手2人は3年生。まだ来年があります。野手は大分抜けますが、原崎君も含めて投手力が万全なのは心強いですよね。
この悔しさをばねに来年の活躍を期待したいです。