4月29日に阿久比球場で行われた第2試合、愛産大工−中京大中京の観戦記です。
秋に1度見たきり。しかも秋の初戦の松蔭戦しか見ていなかった中京大中京が、春になってどういうチームになったかに注目して観戦しました。

愛産大工
1001000007|9
0000000021|3
中京大中京
(延長10回)
愛産大工
関、工藤、櫻本−神谷
中京大中京
伊藤、沢田、西岡−本田、足立

愛産大工の関投手は右のオーバーハンド。まっすぐはそこそこ速い。秋に見た時より安定感が増した印象。
工藤投手は右のオーバーハンド。まっすぐはまぁまぁ速い。度胸の良さそうなピッチャー。櫻本投手含め3人とも秋の東邦戦で見ています。
中京大中京の伊藤投手は左のオーバーハンド。まっすぐはまぁまぁ。序盤は特に丁寧に行こうとして腕の振りが弱く感じました。中盤くらいからちょっと良くなったけど。

スタメン
愛産大工
8安藤 7小沢 5服部 9江森 6山本 3稲本 4真鍋 2神谷 1関
中京大中京
8浜口 3清水(18) 4栗岡 5武藤(3) 6谷口(5) 9松本 7河合 2本田 1伊藤

(試合経過)
1回表、先頭の安藤が2ベースでチャンスメイク。2死後、4番江森がライトへタイムリー。愛産工が先制。尚もヒットと四球で満塁までいきますが、追加点はならず。
2回裏、2死から死球、ヒットで2死1,3塁とするも、8番が倒れ0点。
4回表、先頭の6番稲本が3ベース。1死後、8番神谷がきれいにスクイズを決め2−0。
6回裏、先頭の浜口のヒットを足がかりに、死球もあって2死1,2塁。5番谷口をフルカウントから歩かし2死満塁となったところでピッチャー交替、工藤。こちらもフルカウントからライトフライで打ち取りピンチを脱します。
9回裏、2死無走者から、7番河合のショートへの難しい当たりを弾いて記録エラー。8番本田がヒットで繋ぎ、1、3塁から代打の鈴木がレフトへタイムリー。尚も2死1、3塁から1番浜口がタイムリー。土壇場で同点。2番清水を歩かせた所でピッチャーを櫻本にスイッチ。3番栗岡にフルカウントからボールになる変化球を投げて空振り三振としてピンチを脱します。
延長に入った所で球場を後にしました。
10回表は教えていただいた範囲で書きます。
変わった沢田がストライクが入らず連続四球。ここで西岡にスイッチ。1死2,3塁からセカンドゴロでのホームへの送球が逸れ愛産大工が勝ち越し。ここから連打に押し出しもあって7点を上げたとのこと。
中京大中京が1点は返すも、9−3で愛産大工が勝利。シード獲得となりました。
最後に意地で追いついた中京大中京でしたが、8回までの内容は完敗。どちらが格上か分からない試合でした。
もっとも気になったのが打球の弱さ。打者全員がおっつけを意識しているのか、逆方向に打とうとしているのですが、球威に押されたのもあって、POPフライが多くなっていた。
なにより、もともと力のある打者が多いはずなのに、なんで振りきらないのか。全国制覇した時はなにで優勝したのか。思いだしてほしいな、と感じます。特に今年は名電が一歩抜けてて、そこには濱田投手がいる。なら、それに勝つにはどういうチームか、と考えていけば答えは出ると思うのですが。投手力が高いなら別のチーム作りもあると思うんですけどね。
投手は伊藤君はある程度は計算出来るかもしれませんが、強豪相手に通用するかは微妙。ただ、バックは守れると思うので、打たせてとるピッチングを心がけてほしい。ただ、そういう思いが強すぎて、置きに行く球が増えると頭を越される結果となるので、しっかり腕を振って投げるようにしてほしい。
リリーフの弱さが露呈したのも問題です。夏は1回戦からとなるので、くじ運次第ですけど、伊藤君以外に試合をどう任せるかがカギになりそうです。
1番の浜口君は良かった。打球が速かったですしね。

愛産大工は、もっと楽に勝てた試合。あと1、2点取っていれば、すんなり9回で終われたと思う。
その原因は自分たちのミス。牽制死(3回)、盗塁死(6回)、暴走(7回)、飛び出しアウト(9回)。こういうミスがあると、勝っていてもすんなり終わる流れにならないんですよね。そういう意味では9回裏は案の定でした。
6回、9回の2死満塁での投手交替。このタイミングは正直どうかな?と思うものでした。ただ、結果はどちらも替わったピッチャーが抑えて吉。とりあえずは、応えたピッチャーが素晴らしかったということですね。
ただ、これが夏の場面だったら・・・。その予行練習としては最高でしたけど、本番では、せめて一つは塁が空いている場面で投げさせてあげてほしいと思います。
外野守備がとにかく深いのが特徴。中京相手、というのも分かりますけど、広い阿久比球場、序盤からの中京の打球の方向、ピッチャーの球威、これらを考えて、変化させていく臨機応変さがあってもいいと思いました。

中京大中京に勝つのは大変だな、というのは感じたものの、チーム力としては愛産大工のが上に思いました。
愛産大工は地力は高いです。このまま東海大会に行って、経験を積んでほしいです。
中京大中京はここからどうするか。正直時間が無いと思いますが・・・。一言だけ。夏にはもっと強い打球を見たい。それだけです。