3月30日に小牧球場で行われた津島−愛知啓成の観戦記です。
勝った方が県大会進出を決める大事な試合。啓成は春に見るのは初めてでしたので、どんな仕上がりか注目しました。

津島
0020200|4 H9 E2
204500X|11 H15 E1
愛知啓成

津島
丸山、石原(10)、寺西(1)−三輪
愛知啓成
野松(1)−深谷

丸山投手は見れませんでした。どうもコントロールに苦しんだピッチングだったようです。
石原投手は右のオーバーハンド。上背があって、上から投げおろすピッチャー。まっすぐはまぁまぁ。コントロールはあんまり。
寺西投手は右のサイドハンド。まっすぐはまぁまぁ。
啓成の野松投手はサイドハンドが中心になっていました。で、時々スリークォーターからスライダーを投げる、そんなピッチング。まっすぐはまぁまぁ。変化球のキレは今一つに感じる。アンダー気味に投げたりなど、工夫しているのは伝わってきた。

(試合経過)
球場に入ったら2回表が始まるところでした。
3回表、2死から3番神邉が2ベース。4番大山がレフトへ2ランホームラン。津島が同点。続く5番富川6番川出も連打で追い詰めますが7番が倒れ同点止まり。
3回裏、1死1、2塁から地徳がタイムリー。1死2,3塁から7番山本の1塁ゴロで1点。8番野松タイムリー。2死1、2塁から1番浅井がタイムリー。6−2
4回裏、無死1、3塁から6番地徳のタイムリー2ベース。無死2、3塁から7番山本の犠牲フライ。1死3塁から8番野松タイムリー。1死1、2塁から1番浅井がタイムリー2ベース。2番小笠の犠牲フライで加点。11−2
5回表、無死2、3塁から4番大山、5番富川の連続犠牲フライ。11−4
5回裏、無死1塁でピッチャー交替、寺西。無死1,3塁のピンチでしたが、6−4−2のゲッツー。そこから2死満塁までいきましたが、踏ん張りました。
6回裏も2死満塁を踏ん張った津島でしたが、攻撃ではチャンスを作れず、そのまま7回コールドで愛知啓成が勝ちました。県大会進出です。
津島は先発の丸山君がコントロールに苦しんだのを始め、苦しいピッチングが多かった。ただ、それ以上に気になったのが球際の弱さ。3回はエラーから始まって、取れそうな打球がヒットになるプレーが多かったし、他のプレーでもそう。前回の試合の時もそう感じたので、ここは改善していってほしいです。県大会に臨む上でも。
打つ方は中軸を中心に力があります。その打撃を活かすためにも、無駄な失点は避けたいところですね。

啓成はチーム力に注目して観戦。
まずは投手ですが、野松投手はすごく工夫しながら投げているのは伝わってくるのですが、個人的には小手先の変化に見えてしまう。まぁ三振をたくさん取るピッチャーでないのは確かですので、どこまで丁寧に投げられるか。フォームの変化でタイミングを外している感じですけど、強い相手にどうかなぁ・・・。
攻撃面ですが、走塁はレベル高い。常に次の塁を狙っているし、上手いな、という印象。それから打撃も良く振れています。1番浅井君、4番大谷君、6番地徳君はこの試合では目立ってました。啓成の伝統とは違うチームになってきたかな?という印象。守備はある程度しっかりしているので、課題は投手でしょうね。

ここから県大会。シードを見据えた戦いになると思います。どこまでバックが援護出来るか注目です。