猫鳴り (双葉文庫)
猫鳴り (双葉文庫)
クチコミを見る


沼田まほかる著の「猫鳴り」を読みました。

なんていうか、決して気分の良くなる話ではないのです(特に第1部)が、読み外せないというか、一気に読める話です。
猫は飼ったことがないのですが、飼うと色々あるんだろうな、と思うし、逆に飼ってみたくなる本でした。第3部での、猫と飼い主の話は、決してきれいなばかりじゃないけど、強いつながりも感じたし。

この人の他の本も読んでみようかな。ミステリーは苦手っぽいので、避ける傾向があるんですけど・・・。