今年は振り返るのはどうしようかと思いましたが、毎年やっていますからね。振り返ります。

◎東日本大震災が発生
今年はこれを避けては通れない年。原発事故も含め、本当に色々と考えさせられる年となりました。阪神の時はボランティアに4日間くらいでしたが行って、生で見たためにものすごく印象に残っていますが、今回のはいまだに生で見る機会はなく、ここまで来ています。
でも、これからも常に考えていかなければいけないでしょうし、この地区も地震は避けて通れないところですので、教訓にもしたいと思いますし・・・。
とにかく色々と見つめ直す1年になりました。

◎ドラゴンズ史上初の連覇達成
今年の8月の時点でまさか優勝できるとは思いませんでした。
落合さんの退任の発表がさらに加速させたというのが複雑ですが・・・。
正直、途中で見限って観戦に行かなかったのは事実。でも優勝という結果で楽しませてもらいました。
落合さんはじめ、首脳陣、選手、裏方の皆さん、ありがとうございました。

ただ、坂井(ガッツポーズ)球団社長は一刻も早くやめてください、不愉快です。顔も見たくない。

◎落合監督退任。高木監督就任
落合さんのすごさは辞めてからのインタビューとかで、さらにすごく感じました。12月29日、30日に立て続けに特番がありましたが、2006年までは結構感情を出していたんですよね。やっぱり、東京ドームで優勝を決めた時に早く泣いたことを反省したのかな?と思いました。
高木さんについては・・・。不安のが確かに大きいですが、どういう野球をするか興味もあります。
勝つために、しっかりとした野球をしてほしいですね。ファンはそれが見たいだけです。

◎至学館の大ブレーク
校歌が(笑)
いえいえ、それだけじゃなくて、甲子園にも初出場。秋には東海大会にも進出し、ベスト4。着実に力を付けています。来夏の戦いも楽しみです。

しかし、あの校歌が全国デビューをしようとは。改めて聞くと名曲なのにも驚きました。そして融通の利かない高野連にはがっかり。なんで、ボーカル差し替えるんだよ。女性差別だ、と思います。

◎濱田投手(名電)全国デビュー
この秋に圧倒的な存在感を見せた名電の濱田投手が神宮大会で全国デビュー。ここでも力を見せました。
選抜でも、上手く戦えば制するだけの力を持っていると思います。この冬での成長を期待。

今年は競馬では三冠馬オルフェーブルが誕生し、ヴィクトワールピサがドバイを制するなど、競馬ですごいことがたくさんあったのですが、あんまり僕自身が見ていないので、ちょっと印象が薄いんですよね。
もうちょっとちゃんと見ておけば良かった。

来年も野球が中心になりますが、色々見て楽しんでいきたいと思います。

来年が良い年となりますように。皆さま良いお年を。