中日ドラゴンズや広島東洋カープなどでプレーしたアレックス・オチョア氏が23日、ボストン・レッドソックスの一塁ベースコーチに就任した。来季はボビー・バレンタイン監督とともにチームスタッフとして腕を振るう。
オチョア氏は1995年にニューヨーク・メッツでデビューし、3年間在籍。1996年途中からはバレンタイン氏がメッツの監督を務めていた。その後オチョア氏はシンシナティ・レッズやロサンゼルス・エンゼルスなど複数の球団でプレーすると、2002年オフに日本へ渡り、中日、広島を経て、2008年に引退した。(ISMより)

アレックス、頑張っているんだなぁ。いい選手でした。守備で魅せることが出来るんだと教えてもらった選手です。
2004年の英智、アレックス、福留の外野はすごかったですよね。
ボビーの元で活躍することを期待しています。