今季79試合に出場して防御率0・41の数字を残したセットアッパー浅尾拓也投手(27)が1日。セ・リーグ最優秀選手(MVP)に選ばれた。会見に出席した右腕は「信じられない。縁がない賞だと思っていました。うれしいというより、驚きの方が大きい」と話した。先発登板がない投手としては98年の佐々木主浩氏(日刊スポーツ評論家)以来の受賞となった。(日刊スポーツより)

浅尾投手が予想通り、MVPに。中継ぎ抑え投手としては初ですよね。抑えでは佐々木さんが取ってるけど。
シーズンのMVPという意味では浅尾が一番だったと思いますし、文句なしです。ポストシーズンも含めてだと吉見と迷うところだけど。でも、ベストナインは吉見投手でしたし、上手くすみ分けが出来たかな?と思います。

来年の首脳陣がどのポジションでやらせるか分かりませんが、後ろで行くと思いますので、怪我なくシーズンを迎えてほしいです。