中日2−1ヤクルト

先発は中3日で吉見でした。これは驚きました。短期決戦では相手に勢いを与えられない、全力で勝ちきる。これはこの8年で落合さんが学んだことだったので、その結果吉見を持ってきたのでしょう。
そして、吉見は中日にいなかったエースについになったと思います。今年はエース級の活躍でしたが、ネルソンの体調不良で苦しくなった投手陣を救う中3日での快投でした。川上はエース様であってエースではなかったと思う。今中投手以来のエースかなって思います。

荒木が揺さぶり、井端が仕留めた。この攻撃は見事でした。ただ、館山投手は・・・。血行障害を抱えてのフル回転。その上での快投。ほんとにあっぱれでした。打たれた後の舘山の表情は・・・。涙が出ますね。
ベンチで打たれて泣いたパリーグの投手よりも僕は心に響きました。
願わくばしっかりとオフに治して、また来年以降活躍してくれることを願います。

最後は9回頭から岩瀬。なんにしても、吉見が8回を投げ切ってくれたので、2人で1イニングを1点以内に抑えればいいという状況でした。
2死2塁から1点を失いましたが、これは青木のバッティングを褒めるべき。万全を期して浅尾につなぎましたが・・・。このCSは岩瀬の活躍も見事でしたし、柔軟に2人を使い分ける状況を手に入れたのは大きいと思います。

いよいよソフトバンクとの日本シリーズ。下馬評は圧倒的にソフトバンクになると思います。

中日が不利予想で日本シリーズを迎えるのは2007年以来かな?なぜか下馬評が高いケースが多かったので・・・。
これだけ劣勢予想で落合さんがどういう采配をするか、逆に楽しみです。2007年は日本一になったので、僕は十分チャンスはあると思っています。