7月17日、岡崎球場第1試合の西尾−豊川工の観戦記です。
東西に分かれた時にはシードを取った覚えがある豊川工。なので豊川工のが強いのかな?と思いましたが、西尾が終始押し気味に進めました。

西尾
004000010|5 H9 E2
010000201|4 H8 E2
豊川工

西尾
小嶋−長原
豊川工
伊藤、新井、藤本−玉井、贄
西尾の小嶋投手は右のオーバーハンド。まっすぐはそこそこ速い。球威がありました。
豊川は3人とも2年生。伊藤君は右のオーバーハンド。まっすぐはぼちぼち。
新井君は左のスリークォーター。まっすぐはそこそこ。
藤本君は右のオーバーハンド。ややコントロールに苦しむ。

(試合経過)
2回裏、豊川工攻撃中に球場に入りました。
6番森下が1死3塁でタイムリー。豊川工が先制。
3回表、1死満塁から3番山崎が犠牲フライ。2死1、3塁から4番廣瀬がタイムリー。西尾が逆転。更に5番木村が2点タイムリー2ベース。4−1
3回4回と豊川はランナーを出すもバント空振りのゲッツーなど、ゲッツー2つでチャンスをつぶす。
5回表、ピッチャー交代、新井。新井は6回に三者三振に切って取るなど3イニングをしっかり抑えて流れを作る。
7回裏、1死2、3塁から7番榊原がライトへ2点タイムリー。4−3
8回表、ピッチャー交代、藤本。無死1、3塁から犠牲フライ。尚も1死1,2塁のチャンスでしたが、レフトフライで戻りきれずにゲッツー。5−3とするも決めきれない。
8回裏は1死満塁でゲッツー。
9回表も1死満塁で4番5番が倒れ、お互いに決めきれないまま9回裏へ。
9回裏、2死無走者から、8番柿田がヒット。9番藤本が左中間を破るタイムリー3ベース。最後はセカンドのナイスプレーでゲームセット。西尾が勝ちました。
最後はもつれにもつれました。お互いにチャンスを決めきれないし。
結果的にはエラーがきっかけの8回の表の1点が効きました。やっぱりエラーは大きいですね。
最後逆にセカンドのいいプレーで踏ん張った西尾と対照的になりました。

あと、豊川工は投手交代が裏目に出たかな?西尾は2番手の新井君にまったくタイミングがあってなかったのに・・・。代打を出した関係とは言え、もったいなかった。

見てて面白い試合でした。豊川工の投手陣は2年生なので、秋からも注目ですね。