組み合わせはこちら

シード校は愛工大名電。

名電は初戦が渥美農か三好か。
この渥美農−三好は1回戦屈指の好カードです。また中京大中京相手に善戦したチーム同士の対決になります。
名電は初戦にしては骨っぽい相手になりますが、地力はやはり上。注目は濱田投手の使い方でしょうね。

4回戦に上がってくるのは弥富が一番有力。ただ、弥富も低迷から抜け出せていない感じですが、この組み合わせでいけば上がってこなきゃいけない気はします。かつては名電を破って番狂わせも起こした地力を見せてほしいところです。

反対のヤマでは、豊田大谷が有力。豊田大谷も春になって少し戻してきた印象。初戦が新城東と県大会にも出てくる学校ですので、ここで勢いに乗りたいところ。
その豊田大谷と争いそうなのが誉。昨年はシードを取りながら初戦で敗れました。今年は昨年ほど投手力がないので、どこまで打線で助けられるか。
清林館がそこそこ力を持っているので、誉に迫るかも。

豊田大谷−誉は投手力が上がっているという話もあるので、豊田大谷が若干有利かな?と思います。

ベスト8については愛工大名電がやはり圧倒的有利だと思います。それにかつて夏に甲子園に出た弥富、豊田大谷がどこまで苦しめられるかがこのゾーンの楽しみなところかな?と思います。