組み合わせはこちら

シード校は菊華。

菊華の初戦はある程度恵まれた印象。ただ、丹羽が有力ですが、丹羽はなかなか地力のある学校。油断はできないと思います。

となりのヤマは春に快進撃をした岩津高校が有力。まだ夏は未勝利でしたが、初戦が名古屋商と相手にも恵まれたし、一気に波に乗るかも。しかし、去年までこの組み合わせをみたら、最弱対決、なんて思ったかも(失礼)。
ただ、2回戦で当たる可能性の高い豊橋東は毎年ある程度勝ち進む学校ですので、ここが岩津が勝ち進むポイントになりそうです。

で反対のヤマには、享栄が入りました。秋は東海大会に進み、本来ならシードを取って臨まなきゃいけない大会でしたが、ここに。どこまで杉本君らの投手陣が回復しているかがポイントです。
初戦は天白と。天白も普通なら上位にいけるだけの地力を備えていますが、厳しい相手となってしまいました。接戦に持ち込んで終盤勝負にしたいところ。ただ、享栄のがやっぱり強いと思います。
享栄は厳しい組み合わせ。2回戦の豊橋中央はこのところ強くなってきていますし、3回戦は刈谷が有力。
刈谷も服部君を中心にした打線は力があるし、投手陣も左腕の清水君が戻ってきたようで、かなり揃っています。この3回戦は大注目ですね。享栄が有利、とは言い切れないと思います。初めて夏に臨む彦坂監督の手腕が問われますね。
その隣には横須賀高校が入りました。昨年ベスト8入りした立役者、桑原君がいます。ただ、その後は故障に泣いたようで、最後の夏にどれだけ投げられるか、注目したいです。
ただ、横須賀も2回戦では誠信と。3回戦では全尾張を制した半田工が控えるという厳しい組み合わせ。どこまで桑原君を周りが助けられるかが鍵です。

ベスト8は菊華、享栄、刈谷の争いだと思います。組み合わせ、日程的には恵まれた菊華が若干有利かと思います。
菊華はエースの木村君がどれだけ投げれてどこまで持つかが全て。周りでサポートしながら勝ち進みたいところです。
予想は菊華にします。