組み合わせはこちら

シード校は愛知。

愛知は組み合わせ的には恵まれた印象。
初戦となる3回戦は問題ないと思います。

で、4回戦の相手となるとなりの山は、豊川が有力。意外と東郷が最近力を付けてきていますが、少し差があると思います。
豊川は出来る限り余力を残して愛知にぶつかりたいところ。ただ、夏は油断が出来ないだけに、意外と難しいんですよね。

愛知−豊川の対戦となれば、愛知がやや有利かな?と思います。日程的にも連戦になる豊川にくらべて中1日空くし。

反対のゾーンには、秋に注目校として上げて、豊川を破った岡崎工が入りました。バッテリーが残っているので、組み合わせ的にもチャンスは大きいかと思います。
その隣は、秋に21世紀枠に選ばれた津島高校。打線は破壊力があるので、勢いにのれば、一気にベスト16に進出も可能。ただ、2回戦で当たる津島北も侮れないですので、津島対決も面白そうです。

このゾーンについては愛知−豊川の勝者が制すると思いますが、愛知有利と見ます。