4月17日、小牧球場で行われた第2試合、星城−天白の観戦記です。
名古屋地区決勝Tで私学4強を2つ倒した星城がどういう試合をするか。天白がどこまで食らいつくかに注目して観戦しました。

星城
010002100|4 H10 E1
000000000|0 H6 E0
天白

星城
木原、杉田、山本−松澤、加藤
天白
乾、小林−清水、宮下
投手成績
星城
木原(7)3回 55球 被安打1 四球3 三振1 失点0
杉田(10)5回2/3 102球 被安打5 四球2 三振6 失点0
山本(1)1/3 3球 被安打0 四球0 三振0 失点0
天白
乾(1)6回1/3 89球 被安打8 四球2 三振2 失点4
小林(10)2回2/3 33球 被安打2 四球0 三振0 失点0
星城の木原君は右のオーバーハンド。プロからも注目されていますが、なかなか実戦で見れなかったピッチャー。1年生の秋に見て以来でした。MAXは139kというのが聞こえてきました。たしかに速い。変化球があんまりキレがないのと、序盤はボールが浮いているなど、安定感は今一つ。ちょっと高校野球では使いにくいピッチャーかも。
杉田君は左のオーバーハンド。2年生。テイクバックの大きいフォームで、右バッターのインコースにいい球を投げます。まっすぐはまぁまぁ。
山本君は右のオーバーハンド。まっすぐはまぁまぁ速い。
天白の乾君は右のオーバーハンド。テイクバックが小さいフォーム。まっすぐはまぁまぁ。丁寧に投げていました。
小林君も2年生。右のオーバーハンド。やや踏み出すフォームが1塁側に出る変則フォーム。まっすぐはまぁまぁ。

(試合経過)
2回表、1死から、6番、7番の連打で1、3塁。8番松澤がライトへタイムリー。星城が先制。
3回裏、1死から四球と1番足道のヒットで1,2塁。2番の細木の当たりは抜けそうな当たりでしたが、ショートが追い付いてサードでアウトにするナイスプレー。さらに四球で満塁になりますが4番が倒れ0点。
4回裏、ピッチャー交代、杉田。
6回表、2死2塁から6番小野がレフト場外へ2ランホームラン。3−0
6回裏、先頭の安藤が2ベース。4番鍋島のバントを野選で無死1,3塁。1死からセンターやや右へのフライでしたが、センターの強肩を恐れて自重。結局天白はこの回も無得点。
7回表、1死3塁から1番山本がレフトオーバータイムリー2ベース。ここでピッチャー交代、小林。4−0
7回裏にも1死1,3塁のチャンスを作りましたが無得点。
9回裏、2死満塁でピッチャー交代、山本。ライトフライで試合終了。星城が勝ちました。
天白もチャンスは作っていましたが、あと1本が出なかった。ピッチャーは4点は失いましたが、乾君、小林君ともに良く投げたと思います。
また守備もショートの足道君は上手いな、と思いましたし、チームとしてもノーエラー。公立とは思えないしっかりとしたチームだな、と感じます。
小林君が0点に抑えたのは収穫ですね。秋以降にも経験として大きいです。
あとはどうやって点を取るか。6,7,9と、無死ないし1死で3塁へ進めていますからね。点を取らないと勝てないですし。ベンチワークも含めて、1点を積み重ねてほしい。

星城は木原君の投球に注目が集まりましたが、もう一つかな?という印象。球は速いですけどね。外野では9回にバンザイをしてピンチを広げてしまうし、打てなかったし。
打線はもっと力強いかと思いましたが、あまり点が取れず。でも2回の3連打はいずれも右方向への逆らわないナイスバッティング。ある程度まとまったピッチャーに当たれば、こんなもんかな?とも思います。
でも、星城らしからぬ落ち着いた戦いぶりが印象的でした。去年は良くも悪くも派手で出入りの激しい試合をするチームという印象が強かったので。
次の桜丘戦も楽しみです。

最後にエラーが星城に出ましたが、少しイレギュラーをしたのを体に止めた形でしたので、悪いプレーではなかったし、お互いに良く守って締まった試合となりました。