球場入りしたのが7回裏の弥富の攻撃に入ったところでした。
そこからの感想です。

菊華
001000004|5
010000000|1
弥富

菊華
木村−大西
弥富
岩田−池田

7回裏に球場に入りました。
4番上村が2ベース。送って1死3塁となりますが、6番7番連続三振で木村が踏ん張ります。
9回表、1死2塁から9番辻本が右中間を破るタイムリー3ベース。1番藤井謙もタイムリー。2死2塁から3番木村翔が左中間を破るタイムリー3ベース。4番中辻のレフトへのポテンタイムリーヒット。菊華が4点勝ち越し。
そのまま菊華が勝ちました。
本音を言うと、球場入りした時点で、終盤で同点だったのに驚きました。
弥富はかつては夏に代表にもなって、セカンド私学の一角を担っていましたが、このところは尾張地区の予選でも苦戦が目立ち、県大会を逃すケースもあって、正直侮っていました。
しかし、最後までどっちに転ぶかわからない試合。緊張感のある試合でした。ごめんなさい。
7回裏のチャンスを活かせなかったのが結果的には全てになってしまいました。

菊華は木村翔君のピッチングに尽きます。
7回1死2,3塁のピンチでの気迫のこもった投球は、まさにエースのそれでした。
8回も1死からヒットを一本打たれましたが、アウトは全て三振。
これが9回の猛攻につながったと思います。
弥富のエース、岩田君も8回表は2三振を含む三者凡退でいいピッチングだったんですけどね。

岩田君は右のサイドハンド。ギリギリまでひじをたたんで一気に投げるフォーム。キレのあるボールを投げます。

終盤だけでしたが、好ゲームでした。最初から見たかったですね。