4月16日に春日井球場で行われた第1試合、三好−中京大中京の観戦記です。
三好が中京大中京相手にどこまで食い下がれるかに注目して観戦しました。
球場入りした時点で4回裏の中京大中京の攻撃中からでした。

三好
110000201|5 H10 E4
01101302X|8 H10 E1
中京大中京

三好
木俣、政田−加藤
中京大中京
西岡、浅野−武藤
投手成績
三好
政田(11)2回2/3 被安打1 四球5 三振0 失点2
中京大中京
浅野(1)5回 被安打4 四球2 三振3 失点3

三好の木俣君は右のオーバーハンド。まっすぐはまずまず。丁寧に低め狙って投げていましたが、5回くらいから疲れが見えました。
政田君は左のオーバーハンド。フォーム自体がチェンジアップみたいな投げ方。まっすぐは遅い。荒れてて掴みどころのない投球でした。
中京大中京の浅野君は左のオーバーハンド。まっすぐはそこそこ。あんまり球威が秋から変わって無い。1バウンドの変化球が多かった。

(試合経過)
4回裏、1死1,3塁のチャンスを作りましたが、1番の鈴木のゲッツーでチャンスを逃します。
5回表、ピッチャー交代、浅野。三者凡退に抑えリズムを作ります。
5回裏、2死2塁から5番谷口がタイムリー。中京が勝ち越し。3−2
6回裏、1死1、2塁から2番濱口がライトフェンス直撃の2点タイムリー3ベース。3番川本もタイムリー。ここでピッチャー交代、政田。後続は断ちますが、6-2とリードを広げます。
7回表、四球2つに盗塁や暴投などで無死2、3塁とし、1番白井のセカンドゴロで1点。1死3塁から2番横山の犠牲フライ。6−4
8回裏、無死1、3塁から4番河合がピッチャー強襲タイムリー。尚も1死2、3塁からサードゴロでホームに投げるもセーフとなり野選。8−4
9回表、1死3塁から2番横山タイムリー。尚もエラーで1死1,2塁としますが、4番木村のサードゴロダブルプレーで試合終了。中京が逃げきりました。
一言でいえば、中京らしくない。
打線に迫力を感じないし・・・。投手も今一つ。浅野君は替わった直後の2イニングはリズムを作る投球だったんですけどね。突然四球で崩れるし・・・。強豪相手に通用するのか疑問に感じる。
それでも負けないあたりは、私学4強、中京たる所以だとは思いますが。
渥美農にも苦戦。シードを掛けた一戦がどうなるか注目ですね。

三好は終盤まで食らいつき、あわやの場面もありました。
政田君の投球は正直どうなの?と思いましたが、逆に強豪私学には通用するのかも?中京も打ちあぐねてたし。
それでもやっぱり木俣君次第だと思います。終盤まで、粘り強く投げれるようにしてほしいですね。