選手宣誓の全文です。

宣誓。
 私たちは16年前、阪神・淡路大震災の年に生まれました。
今、東日本大震災で、多くの尊い命が奪われ、私たちの心は悲しみでいっぱいです。
被災地では、全ての方々が一丸となり、仲間とともに頑張っておられます。
人は仲間に支えられることで、大きな困難を乗り越えることができると信じています。
私たちに、今、できること。それはこの大会を精いっぱい元気を出して戦うことです。
「がんばろう!日本」。
生かされている命に感謝し、全身全霊で、正々堂々とプレーすることを誓います。
平成23年3月23日
創志学園高等学校野球部 野山慎介主将

内容もそうですが、野山主将の言い方や、気持ちのこもった宣誓に感動しました。

やるなら、ブラバンも自粛せずに、普通に近づける方がいいかな?と思いますが、そんな中でも一生懸命声だけの応援や、プレーで魅せる選抜を期待したいと思います。

しかし、創志学園、負けちゃいましたが、みんな2年生ということは、2年連続の選手宣誓をやる可能性もあるんですよね・・・。
過去にそんなんなさそうなので、見てみたい気もする。