カーリング・日本選手権第4日(11日、北海道立サンピラー交流館)1次リーグが行われ、女子でトリノ、バンクーバー両冬季五輪代表の本橋麻里を擁するロコ・ソラーレ北見と、本橋の古巣で日本選手権6連覇を狙うチーム青森が対戦。LS北見が6−3でチーム青森を破り、7戦全勝の1位で上位4チームで争われるプレーオフに進出した。
6勝1敗の中部電力が2位で、チーム青森は5勝2敗で3位。POはページシステムで行われ12日に第1試合、準決勝と決勝は13日に行われる。(サンスポより)

オリンピックでチーム青森の一員として活躍した本橋選手。新たにロコ・ソラーレ北見というチームを結成して、古巣を撃破。1位通過を決めました。

かつてはチーム青森が抜けた存在だった感じですが、ここにきて、本橋選手のチームや、トリノなどで活躍した、小笠原歩(31)=旧姓小野寺、船山弓枝(32)=旧姓林=の両選手が復帰をするなど、混戦になってきていますね。
ただ、世界を舞台にという部分では、痛し痒しなところもあるようですが・・・。
切磋琢磨して、レベルUPを図るのが一番いいとは思うのですが・・・。
オリンピックの時くらいしか見る機会がないので、もし出れないとなったら寂しいですよね。

この後の決勝T、見てみたいなぁ。ustreamで見れるのかな?やったことないから良くわかんないけど・・・。